1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●3月から4月は、入学や就職などで引っ越しをする方も多い時期

3月から4月は、入学や就職、転勤などをきっかけに引っ越しをする方も多い時期。

進学や就職で転居する人が多いこの季節。部屋の「原状回復」費用など、賃貸住宅を退去する際のトラブルも増える時期

●賃貸物件の退去時に気をつけるべきことがたくさある?

引っ越し業者の費用、不動産の仲介手数料に加えて気になるのが「敷金」「礼金」。

賃貸物件の退去時に気になるのが、入居時に敷金を支払った場合に、どのくらい戻ってくるのかということ。

しかし、中には敷金が戻らないどころか、過剰な額を請求されてしまうこともあるという。

・特に引っ越し時の「原状回復」で、トラブルが多発している?

「ハウスクリーニング費用として充当した敷金では、クリーニング代が足りないと言われた」。国民生活センターには全国から毎年1万3千~1万4千件前後、退去時の費用トラブルの相談が寄せられる。

これめちゃくちゃトラブル多いみたい.。o○ 原状回復における費用負担は?これってオーナー負担?入居者負担? (ZUU online) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-zuuon… #linenews @news_line_meから

退去時精算のトラブルは多いようです。 今回色々勉強して思ったのは 知識がない事は罪だ。 という事。 別に管理会社を陥れたいわけじゃないし、制裁を受けて欲しい訳じゃない。 ただ、真っ当に仕事をしてほしいだけ。

賃貸物件の手続きしてるのですが、ネットで見る限り退去時のトラブルが多いようなので契約書をよく読もうと思いそれについて触れられてる部分を探してるのですが見つからないです… こういう契約ってややこしいものが多くてよくわからないですよね…

●引っ越しの際、借主は「原状回復」を行わなければならない

引っ越しの際、敷金や礼金、荷物の運搬など気にすることがたくさんありますが、「原状回復」という言葉をご存知でしょうか。

原状回復とは、「ある事象(入居)がなければ、本来あったであろう状態に戻すこと」とされています。

●しかし、通常の使用に伴う汚れや傷みは、賃料でカバーされている?

マンションやアパートの賃貸借契約は、貸主が借主に建物を使わせるかわりに、借主が賃料を支払うという契約です。

そして、通常の使用に伴う汚れや傷みが生じることは、もともと予定されています。その部分については、賃料によってカバーされていると考えられています。

●「原状回復」は、借りた当時の状態にする必要はない

しかし、借家契約においては前述のように、「本来存在したであろう状態」に戻せばいいので、借りた当時の状態にする必要はないのです。

よって、契約に定められた方法で通常考えられる範囲の使用をしていれば、経年劣化等は当然あるものとして、そのまま返還すればよいということになるのです。

1 2