図書館戦争の一番の魅力はなんと言ってもその完成された世界観

出典アニメ図書館戦争の魅力を徹底解析!ほんの自由を守る人達が居る! | TiPS | 漫画・アニメがもっと楽しくなる情報メディア

メディア良化委員会の規制が厳しく著作の自由を規制される世界、そしてそれを守るために戦う図書隊と良化特務機関が激しく戦闘を繰り広げる。そんな世界観が小説よりも細やかに描き挙げられています。次に、小説では普段本を読まない人から見て若干想像し難い戦闘シーンや主人公の笠原たちの葛藤や成長が、アニメ版ではキャラクターの表情や声色、物音などからさらに小説の表現をよりわかり易く再現されており、普段本を読まない人でも親しみやすい作品に仕上がっています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アニメ枠「ノイタミナ」で推し作品厳選(13作品)…!!

フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された作品で、ここを抑えておけば大丈夫な作品を13作品で厳選して、簡単に内容を踏まえてまとめてみました。

このまとめを見る