1. まとめトップ

【#NBA】当たり年87年組ドラフト まとめ #NBADraft #ドラフト【ロビンソン&ピッペン】

1984年のNBAドラフトに次ぐ当たり年と呼ばれており、NBAの偉大な50人に選出されたデビッド・ロビンソンとスコッティ・ピッペンはこの年のドラフトでNBA入りした。また、レジー・ミラーやケビン・ジョンソンなどを揃えた。

更新日: 2019年03月30日

1 お気に入り 1070 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakatanotoraさん

1984年のNBAドラフトに次ぐ当たり年と呼ばれており

1987年のNBAドラフトは1984年のNBAドラフトに次ぐ当たり年と呼ばれており、NBAの偉大な50人に選出されたデビッド・ロビンソンとスコッティ・ピッペンはこの年のドラフトでNBA入りした。

また、レジー・ミラーやケビン・ジョンソンなど、後に所属チームの中心となる選手もこの年のドラフトで指名された。

1987年のNBAドラフトは1984年のNBAドラフトに次ぐ当たり年と呼ばれており、NBAの偉大な50人に選出されたデビッド・ロビンソンとスコッティ・ピッペンはこの年のドラフトでNBA入りした。

また、レジー・ミラーやケビン・ジョンソンなど、後に所属チームの中心となる選手もこの年のドラフトで指名された。

その他の当たり年…

以下、主なドラフト指名選手

指名1位:デビッド・ロビンソン(海軍兵学校→サンアントニオ・スパーズ)

名  前:デビッド・モーリス・ロビンソン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1965年8月6日
身  長:216cm
体  重:113kg
ポ ジ ション:C
最終所属:サンアントニオ・スパーズ
ドラフト:1987年1位
カレッジ:海軍兵学校
経  歴:サンアントニオ・スパーズ

高校卒業後は海軍兵学校に進み、バスケットボールを続けた。海軍兵学校で4年間プレイした大学リーグ時代の活躍は華々しく、ブロックショットやリバウンドでシーズン記録をあげたほか、4年次の1987年にはネイスミス賞、ウッデン賞を受賞した。

1987年のドラフトでは、全体1位でサンアントニオ・スパーズの指名を受ける。しかしロビンソンはすぐにはプロ入りせず、その後2年間、キングス・ベイの潜水艦基地で土木工学担当士官として軍役に就いた。

ロビンソンはすぐにはプロ入りせず、その後2年間、キングス・ベイの潜水艦基地で土木工学担当士官として軍役に就いた。

ロビンソンは、2年間の義務軍役期間を終了し海軍中尉で軍を退役すると、1989年よりスパーズに参加。

提督(The Admiral)のニックネームでも呼ばれていた

1996年にはNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」の一人に選ばれ、2009年にはバスケットボール殿堂入りした。アメリカ海軍で士官として軍役に就いていたため、提督(The Admiral)のニックネームでも呼ばれていた。

1989年よりスパーズに参加。このシーズンロビンソンは月間最優秀新人選手に毎月選出され、個人成績もシーズン平均24.3得点12リバウンドと素晴らしいものだった。

ロビンソンは前シーズン21勝61敗だったチーム成績をディビジョン1位の56勝26敗に引き揚げる原動力となり、ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞した。

指名5位:スコッティ・ピッペン(アーカンソー中央大学→シアトル・スーパーソニックス ※ドラフト当日にシカゴ・ブルズへトレード)

名  前:スコッティ・モーリス・ピッペン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1965年9月25日
身  長:203cm
体  重:103kg
ポ ジ ション:SF
最終所属:シカゴ・ブルズ
ドラフト:1987年5位
カレッジ:アーカンソー中央大学
経  歴:シカゴ・ブルズ
     ヒューストン・ロケッツ
     ポートランド・トレイルブレイザーズ
     シカゴ・ブルズ

2巡目の後半くらいで指名してしまおうと考えていた

1987年のNBAドラフトで、シカゴ・ブルズのゼネラル・マネージャー、ジェリー・クラウスは地道な調査によってスコッティ・ピッペンという「隠れた逸材」を「発見」し、注目されないままに2巡目の後半くらいで指名してしまおうと考えていた。

しかし、多くの新人たちが参加する最後のトレーニング・キャンプでスコッティ・ピッペンは活躍を見せ、それに注目したサクラメント・キングスが1巡目の上位でピッペンを指名するかもしれないという情報がブルズ首脳陣にもたらされる。

1巡目5位の指名権を持っていたシアトル・スーパーソニックスにドラフトの前日の深夜までかかって交渉を持ちかけ、成立させる。

それはスーパーソニックスがスコッティ・ピッペンを全体で5番目に指名し、ブルズはオルデン・ポリニスを指名してその直後に両チームで将来のブルズの指名権を付けてトレードし、交換で入団させるというものであった。

かくして1巡目の5位という本人も信じられなかったという高い順位で指名されたピッペンだが、会場の観客はもちろん、関係者やアナウンサーもピッペンのことをほとんど知るものがなく、あちこちから「Who?(誰?)」という声が上がり、アナウンサーも「おそらく初めて聞く名前でしょう」と紹介していた。

指名6位:ケニー・スミス(ノースカロライナ大学→サクラメント・キングス)

名  前:ケネス・スミス
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1965年3月8日
身  長:191cm
体  重:77kg
ポ ジ ション:PG
最終所属:デンバー・ナゲッツ
ドラフト:1987年6位
カレッジ:ノースカロライナ大学
経  歴:サクラメント・キングス
     アトランタ・ホークス
     ヒューストン・ロケッツ
     デトロイト・ピストンズ
     オーランド・マジック
     デンバー・ナゲッツ

ニューヨーク市クイーンズ区の地元の高校からノースカロライナ大学に進学し、4年間活躍した後に1987年のNBAドラフトでサクラメント・キングスから6位で指名されNBA入り。

指名7位:ケビン・ジョンソン(カリフォルニア大学バークレー校→クリーブランド・キャバリアーズ)

名  前:ケビン・モーリス・ジョンソン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1966年3月4日
身  長:185cm
体  重:86kg
ポ ジ ション:PG
最終所属:フェニックス・サンズ
ドラフト:1987年7位
カレッジ:カリフォルニア大学バークレー校
経  歴:クリーブランド・キャバリアーズ
     フェニックス・サンズ

1987年のNBAドラフトでクリーブランド・キャバリアーズに全体7位で指名され入団

高校に在学中、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに投手としてドラフトを受けるが断り、1987年のNBAドラフトでクリーブランド・キャバリアーズに全体7位で指名され入団。

1 2