1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼花田勝の息子として知られる

靴作りの修行を経験し、自身の工房を持っていることから、靴職人を自称している。

2016年から貴乃花の息子としてバラエティ番組などに出演。

最近は「絵」の方に力を入れているようで

3月7日から10日まで開催されていた東京都内で開催されていた『アートフェア東京2019』。国内外の画廊やギャラリーが出展していたが、なんと花田優一自身のブログによれば彼の作品は9点とも初日で完売。

多くの人が作品を見に来てくれたとつづり「僕をとことん批判してくださった方々、驚くほどの速度で離れて行った方々、そんなみなさまのおかげです」と皮肉たっぷり。

「描いたり作ったり 一階と地下、アトリエと工房の行ったり来たり」と靴作りと絵画制作で忙しい日々を送っていることも明かしていた。

優一は昨年12月にも都内で個展を開き、「18点の絵が完売致しました!」と報告していた。

一方、靴職人としては

値段は最低でも20万円と高価にもかかわらず納期守らず所属事務所に抗議がきているとか。

“靴を作らない靴職人”と揶揄された優一だが、今後は“絵を描くのは早い靴職人”として活動していくつもりなのだろうか。

靴はどうでもええんかいwww 靴の納期とは大違い!花田優一、100号の絵を1週間でスピード仕上げ? web.smartnews.com/articles/fHaNC… #スマートニュース

靴は遅いが絵は早い?靴の納期が約束より遅れているのに、絵を描く時間はあるんだな。靴職人ではなく、靴を作れる画家? 靴職人より儲かる?花田優一氏の画家としての売上は1日で244万円 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

@streetbob07m なるほど…そういう絵なんですね。 つまり「元横綱貴乃花の息子である花田優一が描いた絵」というタイトルが投資価値的に評価されたということなんですね。 彼は、早く自分の人生の目的として一生向き合って行けるものに一日も早く気づけると良いのですが…靴かと思えば絵。フラフラしてますね。

▼お笑いコンビ品川庄司として活動

近年のお笑い芸人では本業のお笑いやコンビ活動のみならず、役者・歌手・映画監督・作家(後ろの2つは「品川ヒロシ」名義を使用)といった幅広い活動をしている。

キングコング西野のマネをしてオンラインサロンを開設

2月27日のブログで、3月1日にオンラインサロンを開設すると告知しており、「YouTubeでフェイクドキュメンタリーや短編映画を作りたい、漫画の原作もやりたいと考えたときに仲間を集めたい」とサロン開設の理由を明かした。

活動内容として「Facebookグループを使っての品川との交流」、「不定期のオフ会開催」などを予定している。

「西野のオンラインサロンが1万人超えてんだろ。じゃあとりあえず定員は1万人だ」と調子にのって定員数を1万人に設定したと伝えた。

登録を開始してから数時間後に再度ブログを更新

1 2