1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年も新学期の季節が到来

かわいい子どものためとは言え、その大変さに苦労しているパパやママは多いのではないでしょうか。

しかし、最近では・・・

0~9歳の子どもがおけいこ事をしている割合、おけいこ事の数、世帯収入に占めるおけいこ事費用の割合がともに減少傾向

消費増税が現実味を帯び始めた第5回調査(2018年2月)あたりから、おけいこ事を抑える傾向が強まっているとみられる。

事実・・・

親世代も負担を感じているようで・・・

家計における子どもの習い事費の割合は、手取り月収の5%程度が適切だといわれています。

習い事、塾、オシャレ、スマホ、娯楽、ゲーム……子どもを育てるにあたっての固定費が年々高くなってる気がするね

「ある」と答えた人が78.3%となり、8割に迫る親が習い事において大変なことがあると感じていることがわかりました。

「サッカークラブチームでしたが、遠征なども多く、毎月の交通費が月謝以上にかかり悲鳴あげていました。

ジワジワと負担がのしかかってくる「習い事の見えない出費」、これはかなり親としてはきついし、怖いですよね。

さらに、最近では共働きが増加

「子どもが希望する習い事に通わせたいが、開催日が平日しかなく、親が遠方で送迎を頼れない。休日の習い事がもっと増えたら…」

金が…!金がめちゃくちゃかかるんだよ!子供は!大学の学費貯金、病院代、誕生日、習い事、七五三の写真諸々も、ベットや机も、ってなると共働きしないと足りない

土曜は習い事ハシゴ…。 子ども本人も大変だけど、付き添うのも結構大変 ウチは2つだけど、保育園には3つ掛け持ちというツワモノもいる。 共働き・保育園児だと平日習い事はなかなか難しいからなー。

一方、人気の習い事に異変が起きてて

1 2