1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中高年ひきこもり「推計61万人」‥内閣府の公表にネット衝撃!

内閣府は29日、半年以上にわたり家族以外とほとんど交流せず、自宅にいる40~64歳のひきこもりの人が「推計61万人」余りと発表しました。

更新日: 2019年03月29日

17 お気に入り 42927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●内閣府は、中高年のひきこもりは「推計61万人」余りと発表

内閣府は29日、半年以上にわたり家族以外とほとんど交流せず、自宅にいる40~64歳のひきこもりの人が

●40歳から64歳対象、全国の男女5000人のうち3248人から回答

内閣府は「ひきこもり」の実態を把握するために、若者を対象に調査してきましたが、長期化する人が増えていることから、去年12月、40歳から64歳を対象とする初めての調査を行い、

6カ月以上にわたって自宅から出ないなどの条件に当てはまる47人を「ひきこもり」と認定。40~64歳人口(4235万人)に基づき総数を推計

●ひきこもっていた人の年齢層は、40代が最多の38.3%

ひきこもっていた人の年齢層は40代が38・3%、50代が36・2%、60~64歳が25・5%だった。

性別は男性76・6%、女性23・4%で、男性が多い傾向があった。

・ひきこもり期間「5年以上」と答えた人は、半数を超えているという

期間は5年以上の長期に及ぶ人が半数を超え、20年以上の人が2割弱を占めた。

きっかけ(複数回答)では4割近くが「退職」を挙げ、「人間関係がうまくいかなかった」「病気」「職場になじめなかった」がいずれも2割程度。

・「30年以上」の人も6%に上るという

ひきこもり状態になってからの期間については、「7年以上」の人が47%と半数近くを占めた。「30年以上」の人も6%いた。

ひきこもり状態になったきっかけは退職が最も多い。就職氷河期を経験したことなども背景にあるとみられる。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

電車のなかで中高年ひきこもりの記事を読んで泣きそう。つらい。

中高年の引きこもりが61万人て…どういうことなんだ…。

ひきこもりたいけれど、実家はもう無いし、養ってくれる人もいないから外で働くしかない_(:3」z)_ 「ひきこもり」中高年で61万人|NHK 首都圏のニュース www3.nhk.or.jp/shutoken-news/…

若者の引きこもりよりも中高年の引きこもりの方が圧倒的にやばいだろ

中高年の引きこもり、40代は38%で一番多く、4分の3は男性。 就職氷河期世代に当たる40代の半数は20代にひきこもり状態になっているとか… 就職氷河期世代か… 40代、本来ならバリバリ仕事してる世代なのに、なんか切なくて泣けてくる 経済不況の煽り。もはや自己責任論だけじゃどうにもならん。 twitter.com/mainichijpnews…

・一方でこんな声も‥

1 2