1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

17歳の次世代エースも…SKE48から卒業が続出している件

SKE48から卒業するメンバーが相次いでいる。小畑優奈卒業公演、岡田美紅、内山命をオフショット画像や動画でまとめ。

更新日: 2019年03月30日

4 お気に入り 14564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●SKE48二期生が合格から10周年を迎えた

二期生合格者と昇格した研究生により「チームKII」を結成

SKE48が、二期生10周年公演「10年経ってもみんなに会いたかった~」を2019年3月29日、SKE48劇場にて開催した。

2009年3月29日、「SKE48第2期生オーディション」では24人が合格したが、この日現役として10周年を迎えたのは高柳明音(27)、斉藤真木子(24)、内山の3人。

●内山命さんが卒業発表

みんな!やりました! ついにランクインしました!! 第42位✨ 十度目にしてトロフィーの重さを知ったよ! 本当に本当にありがとう #十度目の正直 #夢のステージへ #ようやく辿り着きました pic.twitter.com/DOiHbVuPsF

内山はこれまでSKE48のシングル選抜歴がなく、『AKB48選抜総選挙』も第1回~8回まで8年連続圏外。

第9回ではランクイン(TOP80)にあと一歩及ばず81位で涙を飲んだが、翌18年にはファンの後押しで39ランクアップの42位となり、10回目で初ランクインを果たしたことでも話題となった。

現役2期生3人のうちの一人、内山命(うちやま・みこと、23)が5月末をもってグループから卒業することを発表した。

内山は「2人がいるときに発表したいと思っていたので、2人の了承が得られないのであれば、やめておこうと思ったんですけど、私自身、本当に本当にやりきったといえるSKE48人生だったので、悔いは本当にありません。私は、SKE48を旅立ちます」

#内山命 より卒業を発表させて頂きました。 10年間本当に良く頑張ったと思います。 SKEを一緒に引っ張ってくれてありがとう! #二期生10周年公演 ~10年経ってもみんなに会いたかった~ #SKE48 #斉藤真木子 #高柳明音 pic.twitter.com/iXNyIyxAC3

10年。こんなに続けられると思わなかったよ。 良い刺激を与えてくれる2人と同期として居られること本当に嬉しい。 まさか3人で劇場公演するなんて。笑 行動力、企画力の鬼です。 めちゃくちゃ良い公演にしよな✨ #SKE48二期生10周年公演 #ニキニキしてまっせ pic.twitter.com/LIqBqjkFuI

●メンバーの声

3月29日 SKE48 二期生 オーディション合格日から まるっと10周わーい❤️ 嬉しいものですねぇ 感慨深いですねぇ 何だか涙が出てきます。 沢山の支えてくださった方々へ 心からありがとうございます☺️ pic.twitter.com/wkyoGwr1tb

SKE48第二期生オーディション合格日からまるっと10年の今日。10年もの月日の間、一瞬でも私達に関わって下さった全ての皆さんに恩返しの気持ちを込めて今日を精一杯生きたいです。そして何より素敵な仲間との出逢いにも感謝。私の誇りであり自慢の二人です、ありがとう。 #SKE48二期生10周年 #SKE48 pic.twitter.com/E2MkV09R51

●岡田美紅さんが卒業発表

SKE48の岡田美紅(21)が27日、名古屋・SKE48劇場で行われた公演で、グループ卒業を発表した。

休業した際に今後の活動や健康について深く考えたと説明。
「新しい世界に足を踏み入れ、また私らしく無限の可能性を証明したい」と述べ、前向きな決断であることを強調した。

#岡田美紅 公演後のコメントになります。 本日のチームS公演にて卒業を発表させて頂きました。 本人もずっと悩んでました。 ご理解の程宜しくお願いします! #SKE48 #重ねた足跡公演 pic.twitter.com/SKWzgRQrkq

皆様沢山の温かいメッセージ 有難う御座います☺️ 全部読ませて頂いております! 私の気持ちや活動最終日等 ブログに書かせて頂きましたので 読んで頂けると幸いです 一生の宝だと言えるほど大切な ファンの皆様に出会えた事に 感謝しながら最後まで 私らしく全力で生きます 宜しくお願い致します!

●SKE48の次世代エース、小畑優奈さん

小畑は15年3月、SKE48の7期生としてお披露目され、同11月に正規メンバーに昇格。17年6月発売のシングル「意外にマンゴー」で初選抜でセンターを務めると、翌18年「無意識の色」で2作連続センターに選出された。

選抜総選挙でも第9回(17年)で72位、第10回(18年)で34位にジャンプアップするなど、次世代エースとして、将来が期待されたメンバーだった。

1 2