1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

やっぱり…。「酵素飲料」にダイエット効果なしで行政処分

一時期流行った「酵素ダイエット」。飲めば痩せるといううたい文句だったのですが、そのような根拠はない!ということで行政処分を受けていたことが明らかになりました。

更新日: 2019年03月30日

25 お気に入り 87483 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

消費者庁の発表を元に作成しています。

■酵素

酵素(こうそ、英: enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。

体の中では、さまざまな化学反応が起こっています。それぞれの反応を引き起こすために触媒として必須のたんぱく質が酵素

酵素は食物を消化分解するほか、呼吸、運動、思考、そして自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っています。

■この酵素の働きを担うものとして売り出されていた「酵素飲料」

「酵素」を生のジュースや食材として体に取り込もうとする健康法が流行っているという。

「酵素ジュースで痩せる」「酵素ジュースでお肌が綺麗に」など、いろいろな謳い文句の商品を目にします

「酵素ダイエット」が流行っている。ドリンクやダイエット食品として製品化され、「誰でも手軽に痩せられる」のが売り物

■しかし、この度消費者庁より「痩せるという効果に根拠なし」という行政処分を受けた

東京・江東区の「モイスト」など、いずれも東京都内の通信販売会社5社は、「99%が、やせています」、「強力な燃焼をサポート」など、酵素を含んだサプリメントやドリンクなどを飲めば、やせる効果があるような宣伝をしていた

5社は消費者庁に対し、酵素に痩身(そうしん)効果があるとする資料を提出したが、いずれも合理的な根拠を示すものではなかった

消費者庁は5社の表示が景表法に違反すると認定。ジェイフロンティア(株)、(株)ビーボ、(株)ユニヴァ・フュージョンの3社に対し、景表法に違反する表示だったことを一般消費者へ周知することや、再発防止策の構築などを命じた。

■酵素を飲むことによって「痩せることはない」

酵素ジュースの効能によくある「酵素を体に取り込んで元気はつらつ」とか「痩せやすい体質に」というのは眉唾

5社は自社サイトで、商品を摂取するだけで酵素の効果により簡単に痩せられると宣伝し、タレントを使った広告もあった。

■酵素ドリンクは以前も「視力回復に根拠なし」という指導を受けていた

酵素飲料「山野草醗酵酵素ブルーベリーDX」を販売している健康食品販売会社「言歩木(ことほぎ)」に対し、飲むだけで視力が良くなったり「かすみ」「ぼやけ」などの目の症状が改善したりするかのように宣伝した

広告を出したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に課徴金1814万円の納付と再発防止を命じた。

消費者庁の求めで提出された資料は、表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

■酵素ドリンクを飲んで体内の酵素に置き換わることはない

酵素のまま体内に入って、お肌に届きピチピチになるとか、体中に届いて代謝が上がって痩せやすくなる、なんてことは有り得ません。

胃からは、タンパク質を分解するペプシンという酵素が出てきます。外から入ってきたタンパク質である酵素を、私たちのタンパク質分解酵素が分解するわけ

胃液によって酵素の活性は失われてしまいます。

食事の代わりに酵素ドリンクだけを飲むという方法はあまりおすすめできません。しかも、酵素ドリンクには働きを失った"失活酵素"しか含まれていない恐れがあります。

1 2