1. まとめトップ

【簡単すぎる!】絶対に成功する産後ダイエットの方法☆

出産後に体重が落ちないという方のために。

更新日: 2019年03月31日

12 お気に入り 18835 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出産後になかなか体重が戻らない・・・でも辛いダイエットはしたくない!そんな方におすすめのダイエット方法です☆

kappakcoさん

■妊娠中はなぜ太りやすいの??

妊娠すると糖質は優先的に赤ちゃんに送られます。そのため、不足してしまった糖質を、代わりに脂肪で補おうとするので、母体に脂肪が蓄えられていきます。



また、血液に含まれる水分の量が増え、水分を溜め込みやすくなり、「むくみ」が生じるので体重が増加します。妊娠すると便秘がちになることも。これも体重増加の要因のひとつです。

個人差もありますが、約10キロ前後の体重増加が平均と言われています。

■出産後、体重はどれくらい落ちるの?

出産翌日には胎児、胎盤、羊水の分で4~5キロくらいはすぐに落ちています。また蓄えた水分も徐々に落ち着き、産後1週間程度では合計で5~6キロほど落ちます。

その後は人によってペースはまちまちですが、ある時から全く体重が減らない時期がきます。その期間は1~3ヶ月程度です。

■出産後、なかなか体重が戻らない理由とは?

出産直後は胎児や羊水分の重さは減りますが、なかなか元の体重に戻らないということもあるでしょう。その原因はいくつかあります。

①骨盤のズレ

産後子宮が元に戻ろうとし、さらに骨盤も元に戻ろうとします。ですが、一度開いたりズレたりした骨盤はなかなか戻ることはありません。そのため、産後6週間を経過した後に産後の骨盤矯正を施術する医院やマッサージ店も多く、努力が必要です。

骨盤ベルトをし、産院や助産師に教わった骨盤戻しのストレッチを行うことが有効です。ではなぜ骨盤がズレると体重減少がのぞめないのでしょうか。

それは体のズレです。内臓が下に下がりやすく、姿勢が悪いことでお腹が前にたるみがちです。それではいくらダイエットしても効果は半減です。骨盤は体の中心と認識し、正しい位置に収まってもらう努力をしましょう。

②基礎代謝の低下

女性の妊娠・出産時は、子宮が大きくなるにしたがって腹筋が伸ばされ、骨盤が開いて腹部や骨盤周囲の筋肉が緩んだ状態であること、子宮を守るために体脂肪がつきやすくなること、ホルモンバランスの影響で冷えが起こり、血液循環が悪くなること、食生活の乱れ等の影響があり、基礎代謝が低下します。基礎代謝が低下すると、活動によって消費されるエネルギー量が少なくなるので脂肪が燃焼されず、痩せにくくなるのです。

③妊娠中の脂肪が原因

妊娠中はホルモンの影響で子宮の中の赤ちゃんを守るため、体脂肪を蓄えやすくなります。また、食欲が増加したり、運動量が減ったりすることで体重も増えやすくなります。妊娠中に身体の中に溜まった脂肪は、赤ちゃんを出産してもすぐに落ちるわけではありません。活動で消費することによって体脂肪は燃焼されますが、妊娠中に溜まった脂肪が多いと減らすのにも時間がかかります。

■産後、楽に痩せる方法とは?

ダイエットは辛くてなかなか結果が出ないと感じている人も多いはずです。ダイエットが苦手な人でも簡単に出来る痩せる方法とは一体どのような方法なのでしょうか。早速紹介していきたいと思います。

■食事内容を見直すだけで痩せる!

食事の量を制限するのではなく、栄養バランスの見直しに重点を置きましょう。白米を玄米に代える、洋食から和食中心の食事にするなど、量は同じでも脂肪分や塩分が少ない食事に変更するだけで、体重が落ちやすくなります。

食事制限は簡単にカロリーを抑えられますが、体力を使う子育て中のママには向いていません。特に、母乳育児をしているママはエネルギーを多く消費するので注意してくださいね。たんぱく質やビタミン、ミネラルを含んだ野菜を多く摂るようにしましょう。

■授乳の姿勢を見直そう!

座るときには、骨盤の後ろ側に仙骨が座面に対してまっすぐ立つよう意識して、背筋をスッと伸ばします。実は背中を丸めるよりも伸ばした方が、赤ちゃんの顔や口元もよく見えます。赤ちゃんをのぞきこまずに視線を向けて、コミュニケーションをとるようにするとよいでしょう。

椅子やソファなら深めに腰掛けるのがポイント。床に座る場合は、もっとも骨盤をゆがませないのは正座だといわれていますが、長時間になるとなかなかつらいものです。そんなときはあぐらをかいて、おしりの下にクッションなどを敷いてみてください。クッションを使うことで骨盤が後ろに倒れるのを防ぎ、腰の負担も軽くすることができます。

授乳の姿勢が悪いと妊娠によって開いた骨盤が更にズレてしまい痩せにくい身体を作ってしまいますので注意が必要です。授乳の姿勢を正すことによって痩せやすい身体を作ることが出来るでしょう。

■母乳ダイエット

1 2