1. まとめトップ

悲劇の物語「DRAGON QUEST IV(DQ4)」がおもしれぇ…。

永遠の名作かつ天空シリーズ最初の作品「DRAGON QUESTⅣ(ドラゴンクエスト4/ドラクエ4/DQ4)」についての悲劇の物語の魅力を簡単にまとめてみました。

更新日: 2019年04月08日

1 お気に入り 10270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

魁堵さん

▼「DRAGON QUEST IV(DQ4)」とは?

タイトル:ドラゴンクエストⅣ(ドラクエ4)
ジャンル:ロールプレイングゲーム
対応ハード:FC、PlayStation、DS、スマホ

FC版として発売された最後のドラゴンクエスト作品である。

前3作までで、シリーズ開発当初から構想されていた「初心者でも遊べるようにハードルを低くしたコンピュータRPG」という目的は達成し、本作からはドラゴンクエスト独自のシステムの導入が進んでいくこととなる。本作では、5つの章に分かれたシナリオや、AIによる戦闘システム、5人以上の仲間キャラクターと同時に冒険できる馬車システムが導入された。

後にPS、DS、スマホ版に移植された。

▼「DRAGON QUEST IV(DQ4)」のストーリーは?

勇者は自分の素性を知らないままにブランカの北の山奥の村で匿われて暮らしていたが、ある日ついに村がデスピサロ率いる魔物に襲われ、村人は全滅。

親友の機転でただ一人生き残った勇者は、デスピサロの名を胸にあてもなく旅立つ。

「第5章 導かれし者たち」より抜粋

▼悲劇の物語「DRAGON QUEST IV(DQ4)」のポイント

暗くて救いようの無い”悲劇”の雰囲気

数あるドラクエシリーズの中でもイマイチ人気が無いらしいけど、私にはいちばん印象に残っているストーリーでした。

 冒頭の、勇者の身代わりとなるシンシア、マーニャとミネアの絶望、そしてボスであるデスピサロでさえ、こうなったのは本意ではない、という悲しすぎるストーリーに、今も涙が出そうになります……。

 のちのプレステ版では、他のシリーズ同様「勧善懲悪」になるように、さらにボスが設定されたようですが、私はあくまで、この暗くて救いようの無い悲しい雰囲気のファミコン版が好きですね。子供ながら、命の大切さ、大切な人の尊さを学びました。

ドラクエシリーズの中で一番の壮絶な人生をおくっているのがドラクエ4の主人公と言われております。

今回のドラクエ、バージョン4、いろいろな人が悲惨な死を遂げててつらい。3とかそうでもなかったのに。2はもう死んでる、からのスタートだったからそれなりに重かったけども。。。

懐かしさ補正がかかりまくってるんだろうけどめちゃくちゃ面白い

僕はドラクエ4好きだなあ。。。

当たり前だけど自分にはホイミンなんて人間になりたがりのかわいいホイミスライムなんていなかったし(当たり前)、自分は口やかましいじいやと自分に惚れてる神官をつき従えたおてんばお姫様でもないし(当たり前)、自分はかわいい女房子供のいる商人ではないし(当たり前)、父を殺されて仇討ちの旅に出た踊り子と占い師の姉妹でもないし(当たり前)、シンシアなんて自分をかばって死んだ幼なじみの女の子もいないし(当たり前)、天空の血を引く勇者でもなかったし(当たり前)、全然導かれてもいないんだけど、だからこそそういうキャラになって冒険の旅ができるドラクエ4は最高に胸熱だった。

この思いがドラクエ4の魅力を前面に出していますね。

ドラクエ4のメンバーの中では   勇者 アリーナ クリフト ライアンをよく ボス戦で使っていたよ? いまでも使うけどね

▼「DRAGON QUEST IV(DQ4)」のゲーム性

初心者でも遊びやすいドラクエ天空シリーズ第1弾!

ドラクエ4は前作までと比べて、ゲーム初心者でも遊びやすい難易度に設定されています。難しいゲームシステムなどもなく、RPG初心者にはうってつけの作品です。

また、ストーリーもドラマチックな展開が多く、RPGの王道ともいえる内容で構成されています。そのため、ドラクエを初めてプレイする方にもオススメの作品といえます。

王道が一番楽しいと思わせたのがこのドラクエ4でした。

この「IV(4)」は、全5章からなるオムニバス作品

1章はライアンという王宮の戦士の物語
2章はおてんば王女、アリーナたち3人の物語
3章は商人トルネコ(後に「トルネコの大冒険」でブレイク)の物語
4章は踊り子のマーニャ、占師ミネアの物語
5章は勇者(主人公)とその仲間たちの物語…

という具合にそれぞれの章で異なる主人公を動かし、5章ではそれまで登場したキャラが集結。全員が力を合わせて危機に瀕した世界を救いに行く。主人公以外のキャラは名前が決まっていて変更はできない。

ストーリーも前作までとは直接のつながりがなく、全く新しいシナリオの「天空シリーズ」となった。そのためオープニングテーマの出だしが変わるなど、前3作とはイメージも一新

DS版、スマホ版では第6章が追加され、さらにFC版でわからなかった点が色々と補完されている。

「ドラクエ」 最初にやったのは確かDSの4 当時1章ごとに主人公が変わっていくのがよくわかんなくて誰だこいつ状態でやっていったけど5章で集結した時は震えた 好きなシリーズは5 好きな世界は6

魅力的な敵キャラ「(デス)ピサロ」

ドラクエ4には敵側にも魅力的な「ピサロ」というキャラクターがいます。敵の親玉であるピサロは端正な顔立ちで、ドラクエシリーズ特有の悪者らしさをあまり感じさせません。

勿論、敵の親玉らしい残虐な行動も多々見受けられます。しかし、ゲーム本編を進めると、ピサロが世界征服を目論む理由が発覚します。その真相は是非、直接プレイして確かめてください!

DS版、スマホ版では「ピサロ」というキャラクターが新たに仲間に加わりました。

▼リンク

1 2