1. まとめトップ

ブックメーカーサイトの種類・法律について【安全性は?】

ブックメーカーは初心者の方でも始めやすいギャンブルで、初歩的なコトを知っておけば楽しめます!

更新日: 2019年03月31日

0 お気に入り 139 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

plancat3055さん

ブックメーカーのサイトは?

William Hillは責任あるギャンブルを推奨・提供しています。 Responsible Gaming 未成年のギャンブルは違法です

有名なブックメーカーサイトでは、ウィリアムヒルがあります。

ピナクルはカジノおよびスポーツベッティングの提供について、キュラソーでライセンス 8048/JAZ2013-013 を認可されています。2018年6月30日、Ragnarok Corporation N.V. (登録住所:Pletterijweg 43, Willemstad, Curacao) にライセンスが発行されました。

ピナクルスポーツ(Pinnacle Sports)も日本語対応しているブックメーカーです。

ブックメーカーって?

日本のスポーツでいえばJリーグやプロ野球や大相撲までが試合の対象になっています。
最近はスマホからでもクリック一つでカンタンに賭けに参加できるんですよ~。

ブックメーカーでは、日本のスポーツでも幅広く賭けの対象になっています。
自分の好きなスポーツで楽しめますね。

ただ、スポーツの試合結果に限らず、政治の動きなどもブックメーカでは賭けることが可能です。例えばアメリカの次期大統領選や、ヘンリー王子の第1子の名前予想についても、ブックメーカーの対象になります。

ブックメーカーではスポーツに限らず、政治に関するコトでも賭けられるようです。
2019年4月1日に発表される新元号も、どこかのブックメーカーでベットできるかもしれませんね。

ブックメーカーに関する法律は?

ブックメーカーに限らずオンラインで提供する賭博(オンラインポーカーやオンラインカジノ、オンラインスロットなど)サイトを運営するにはその公平性を保ち、ギャンブル依存症などの患者を増やさないためにとても厳しい法整備がされており、運営するには国からの認可を受けたオンライン賭博運営のライセンスが必要となります。

ブックメーカーを運営している国のライセンスが必要になります。

ただし海外で運営しているブックメーカーのサイトであっても、例えば日本国内の公共の場所(事務所など)にてプレイヤーを集め、手数料や参加料を徴収しているような形では違法のケースが高くなります。

日本でも怪しい闇カジノと同じように、商売として運用している場で遊ぶのは危険なので注意しましょう。

1