1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ノーカット公開『麻雀放浪記2020』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年4月第1週末公開の「おすすめ映画」5作品。ピエール瀧逮捕後の“自粛”ムードに一石を投じるノーカット公開『麻雀放浪記2020』、『バイス』、『希望の灯り』、『孤独なふりした世界で』、『4月の君、スピカ。』。

更新日: 2019年04月06日

3 お気に入り 4732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『バイス』(4月5日公開)

ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描く社会派ドラマ。

チェイニーは政界の道へと進み、型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドの下で政治の裏表を学んでいく。やがて権力の虜になり、頭角を現すチェイニーは、大統領首席補佐官、国務長官を歴任し、ジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領の座に就くが……。

クリスチャン・ベールが体重を20キロ増量し、髪の毛を剃って眉毛を脱色するなど、徹底した役作りでチェイニーになりきり、第76回ゴールデン・グローブ賞では主演男優賞を受賞した。

『バイス』試写。ブッシュ政権の裏で大統領よりも権力を握っていた副大統領と言われたディック・チェイニーを描いた政治風刺コメディ。チェイニーの挫折人生にケツを叩き、這い上がらせた妻のアゲマン力は女として見習うべきバイタリティー。アダム・マッケイ監督らしいユーモアセンスが光る! pic.twitter.com/GoIJHmx0R8

WOWOWの試写会で観た『#バイス』。冗談じゃなく何度かイスからずり落ちそうになったし声も出ちゃった。現職じゃないとはいえ元大統領の息子ブッシュをあんな風に演じるサム・ロックウェルが最高です。日本でこんなの撮る気概のある映画人いるのかしら。 pic.twitter.com/wA8CFjJ9GQ

◆『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)

「孤狼の血」の白石和彌監督が斎藤工と組み、阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を基に大胆なアレンジを加えて映画化。

1945年から東京五輪が中止になった2020年にタイムスリップしたギャンブラーの坊や哲。驚きの光景が広がる中、麻雀での死闘が始まる。

斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。

あ!そして麻雀放浪記2020 予告観たら意外とイケそうだった! てか、面白そうだった!!! まさかのタイムトラベル… サマータイムマシン・ブルースを超えるか…?! youtu.be/rNA4qWmFdCs

◆『希望の灯り』(4月5日公開)

旧東ドイツの巨大スーパーを舞台に、社会の片隅で助け合う人々の日常を穏やかにつづったヒューマンドラマ。

27歳のクリスティアンはスーパーの在庫管理担当として働き始め、父親のような存在のブルーノや、謎めいた魅力を持つ年上女性マリオンと出会う。

主人公を演じたのは、『未来を乗り換えた男』などのフランツ・ロゴフスキ。原作はクレメンス・マイヤーの短編「通路にて」。トーマス・シュトゥーバーが監督を務めた。

『希望の灯り』試写。素晴らしかった。巨大スーパーマーケットという「場」と溢れる「物」を背景に、人々の心の温もりがしんみりと伝わってくる。日々の営みに息づく気配に耳を澄ますこと。人生に「不用品」はない。フォークリフトに荷役の機能しか見出せぬ人間は、そこに流れる豊かな響きを知らない。 pic.twitter.com/437mzyRl9h

映画「希望の灯り」(4/5公開)試写。大好きだ!こういう映画❤️タイトルからアキ・カウリスマキ作品を思われた方、正解です!(笑) 巨大スーパーで働く青年の日々。仕事終わりの一杯が楽しみな市井の人々の美しさ。ドイツのお仕事ドキュメンタリー風もたまらない。 #eiga #希望の灯り pic.twitter.com/5AQ95oC0A7

◆『孤独なふりした世界で』(4月5日公開)

「スリー・ビルボード」のピーター・ディンクレイジ&エル・ファニング共演のSFファンタジー。

1 2