1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

松本人志にさんまも語る....萩原健一さん伝説が凄かった!

松本人志・明石家さんま・ビートたけしも語るショーケン伝説。他にも有名女優との噂もハンパない数だった。

更新日: 2019年03月31日

8 お気に入り 52469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■ショーケンこと萩原健一さんが亡くなった

昨年夏頃から左手が自由に動かなくなるなどの症状と闘っていたことが30日、関係者の話で分かった。

自覚症状が少ないのも特徴。日本では発症するのが10万人に1、2人で、60代をピークとした中高年に多い。

■そのショーケンは多くの伝説エピソードが存在する

74~75年の同局系「傷だらけの天使」などで個性派俳優としての地位を確立した。

人気絶頂のときに大麻所持容疑で逮捕(1983年)され、「2度と悪さをしない」と誓ったが、翌年には飲酒運転で逮捕

2005年には映画出演料をめぐり恐喝未遂容疑で逮捕され、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

・多くの女優と交際も・・・・濡れ場もガチだった

1970年代には8歳年上の女優江波杏子さんと雑誌の対談で知り合い、噂になった。その後も映画「めまい」で共演した范文雀さんとの交際

いしだあゆみ(71)との交際がスタートしたのはその後のことだった。80年に婚約会見を開き、結婚披露宴も行った

他に女優の藤真利子(63)やバイオリニストの前橋汀子さん(75)、倍賞美津子(72)との仲が注目を集めるなど恋の遍歴は続いた

当時を知る関係者は「濡れ場のシーンは前貼りナシが当たり前。本気で相手の女優とヤッちゃったこともある。

▼大御所芸能人もショーケンとのエピソードを語っていた

■まっちゃんは筋肉のつけすぎ気をつけなよと言われたいた

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が31日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演

『松本君、すごい鍛えているけど、筋肉のつけすぎ気をつけなよ』って言われたの覚えているんですよ。すごい気になってて、そういうことだったのかなぁと」と声を落とした。

■頭にきたがチャーミングだったと高橋克典さん

「相手がショーケンだろうと。相手がショーケンだからこそ。ショーケンと楽しもう。で、戦いのような毎日が始まった」と続けた。

もツリがくるほど頭にくる。現場のムードも悪くなる一方。でも失礼ながら言い返すと意外にもシュンとなり、たまらなく可愛い

本当に寂しいです。たくさんのことを教わりました。ありがとうございました。お疲れさまでした」と悼んだ。

■楽屋に誘われた明石家さんまさん

1 2