1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

新元号に代わる今年の春はイメチェンして新年度を始めませんか?確実に垢抜けるメイク方法教えます。

sakuranbo832さん

「令和」に決まった新元号!!

5/1から開始される令和元年!イメチェンメイクであか抜けて新しい年を迎えましょう!!

イメチェンすると気分も変わる

女性の気分をガラリと変える力があるメイク。メイクが上手く決まった日は全てが上手くいきそうな気分になるものです。また、メイクが変わると周りからも「何かいいことあったのかな?」「最近調子が良さそうだな」と思われるなど、前向きオーラを発信する効果も。

「あれ、なんか雰囲気変わった?」と言われるメイク方法をまとめました。

*チーク

今年の春は、少しオレンジやイエロー系の「コーラルピンク」のチークがオススメです。
頬全体にふんわり乗せて柔らかい印象に。

おすすめアイテムはコレ!

ミネラル100%のパウダー。アイシャドウはもちろん、チークやハイライト、アイブロウとしても使える。

ポイントは目の横からこめかみの辺りにほんのりチークを入れること。じんわりと浮き出る赤味が、とても色っぽい印象になるのです。

血色感がアップし、立体的に見える効果もあるので、顔色の悪さやのっぺり顔に悩んでいる方にもおすすめです。

*アイメイク

シックな冬メイクから一変、春は柔らかな色使いを楽しみたいですね。
淡いピンク色のアイシャドウをふんわり瞼に乗せて優しい印象に。

くすみ系のピンク色のアイシャドウを、下瞼にさりげ入れると大人っぽい雰囲気に。
このとき上瞼は薄付きのブラウンや色味の少ないベージュ系にすると肌馴染みが良くなります◎

おすすめアイテムはコレ!

ラメのような輝きでアイシャドウをコート。ピンク系の輝きを纏える01と赤みブラウンの深みを与える02が登場。

自分の欲しい色だけ選んで使える、使いやすい単色アイシャドウ。オイルが多く配合されたしっとりパウダーがまぶたに密着。なめらかでサラサラな肌に仕上がる。

アイライン

目元の印象を大きく左右するアイラインは、とにかく入れれば良いというものではありません。

柔らかい雰囲気を醸し出したい女優さんの中にはあえてアイラインを引かないという戦略派もいるそう。また、ナチュラルな雰囲気で売っているモデルさんは、アップの撮影のときはアイライナーを控えめにしているという話も。

メイクをする=アイラインを引かなければいけないという概念を取り払い、ノーアイラインやアイシャドウを濃いめに目のキワに入れるシャドウラインで、ナチュラルに仕上げてみるとグンと柔らかい雰囲気になるはずです。

逆に普段ナチュラル派な方は、リキッドラインをキリッと引いてみると、インテリな雰囲気になり気持ちまで引き締まるはず!

おすすめアイテムはコレ!

なめらかさ、落ちにくさ、描きやすさで評判のアイライナーの限定色。目元にやさしいニュアンスを添えられる赤みブラウン。

色のブラウン系アイシャドウと、立体的なツヤ感を与えるブロンザー、自然な陰影を演出するフェイクシェードパウダーの5色がパレットになっている、ケイトのブラウンシェードアイズ。
美しい輝きを放つパール入りのカラーは、上品なツヤのあるアイメイクに仕上げてくれます。

*リップメイク

リップメイクも同様、ピンク系を選びましょう。
マットな質感のリップなら、甘さを抑えられるのでピンク初心者の方にもオススメです。

おすすめアイテムはコレ!

こちらはプチプラの中でも人気の高いティントタイプのマットリップです♡とにかく発色が素晴らしいところと、つけている感ゼロのエアリーな使用感が最大の魅力。
乾燥を防ぐために、塗る前にしっかりケアをしておくことをおすすめします◎ティントタイプなので、オフする時は専用のリムーバーがあると便利。

こちらもプチプラの中で人気の高いマットリップとなっています◎クリーミーなテクスチャーで、唇にとろけるように馴染むところが特徴です♡ふわふわの柔らかいリップを演出してくれますよ。
馴染みもよく、唇をふっくらと見せてくれるところも嬉しいですね♪プチプラのマットリップですが、乾燥も気にならないとの口コミも。

元々の唇の色を活かしてリップグロスのみで仕上げると、ナチュラルな印象に。
全体に均一に塗るのではなく、唇の中心が濃くなるように重ねるのがポイントです。

おすすめアイテムはコレ!

新「ブルーミング オイルグロス」は、更に花や植物由来のボタニカル成分をブレンド。
たっぷり潤い、美しく発色します☆

1 2