1. まとめトップ

【#NBA】当たり年84年組ドラフト まとめ #NBADraft #NBAドラフト【ユーイング世代】

パトリック・ユーイング、カール・マローン、クリス・マリン、ジョー・デュマースのレジェンドからマヌート・ボル、スパッド・ウェブの個性派を揃えた豊作の年

更新日: 2019年04月11日

1 お気に入り 971 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakatanotoraさん

1985年度のNBAドラフト。1985年6月18日、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークで開催された。7巡まで162人の選手が指名された。この年のドラフトよりドラフト・ロッタリーが用いられた。

1985年から前シーズンにプレーオフに出場できなかったチーム全てで同確率で抽選が行われるシステムに変更された

1985年から前シーズンにプレーオフに出場できなかったチーム全てで同確率で抽選が行われるシステムに変更された。封筒に該当チーム名を記載したカードを入れ、順番に選択し、指名順位を決定した。1984年までのドラフトが勝率の低い順から指名が出来る制度であり、注目選手であったパトリック・ユーイングを獲得するため、リーグ最低勝率を目指して下位チームがわざと負ける事態を招いたことによる。この事例のような高順位を獲得するためにレギュラーシーズンで手を抜くこと(タンク)を防ぐためである。

"有名な" その他の当たり年…

以下、主なドラフト指名選手

指名1位:パトリック・ユーイング(ジョージタウン大学→ニューヨーク・ニックス)

名  前:パトリック・アロイシャス・ユーイング
国  籍:アメリカ合衆国(ジャマイカ)
生年月日:1962年8月5日
身  長:213cm
体  重:115kg
ポ ジ ション:C
最終所属:オーランド・マジック
ドラフト:1985年1位
カレッジ:ジョージタウン大学
経  歴:ニューヨーク・ニックス
     シアトル・スーパーソニックス
     オーランド・マジック

1985年に教養の学位(Bachelor of Arts)を取り大学を卒業、ドラフト全体1位でニューヨーク・ニックスに指名された。

最初のシーズンは怪我で50試合の出場にとどまったものの平均20得点、9リバウンドをあげルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞。

以後シーズンごとに少しずつ成績を伸ばしていき、1988年からはオールNBAセカンドチーム、平均28.6得点、10.9リバウンドをあげた1990年にはオールNBAファーストチームに選出された。

指名7位:クリス・マリン(セント・ジョーンズ大学→ゴールデンステート・ウォリアーズ)

名  前:クリストファー・ポール・マリン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1963年7月30日
身  長:201cm
体  重:98kg
ポ ジ ション:SF
最終所属:ゴールデンステート・ウォリアーズ
ドラフト:1985年7位
カレッジ:セント・ジョーンズ大学
経  歴:ゴールデンステート・ウォリアーズ
     インディアナ・ペイサーズ
     ゴールデンステート・ウォリアーズ

大学を卒業するとゴールデンステート・ウォリアーズに全体7位で指名を受けた。1年目の平均得点は14点だった。

フリースロー成功率は89.6パーセントで、これは新人としてはリーグ史上2番目に高い数字だった。

(FT成功)リーグ史上2番目に高い数字

大学を卒業するとゴールデンステート・ウォリアーズに全体7位で指名を受けた。1年目の平均得点は14点だった。フリースロー成功率は89.6パーセントで、これは新人としてはリーグ史上2番目に高い数字だった。

指名8位:デトレフ・シュレンプ(ワシントン大学→ダラス・マーベリックス)

名  前:デトレフ・シュレンプ
国  籍:ドイツ
生年月日:1963年1月21日
身  長:206cm
体  重:97kg
ポ ジ ション:SF / PF
最終所属:ポートランド・トレイルブレイザーズ
ドラフト:1985年8位
カレッジ:ワシントン大学
経  歴:ダラス・マーベリックス
     インディアナ・ペイサーズ
     シアトル・スーパーソニックス
     ポートランド・トレイルブレイザーズ

1985年のNBA年ドラフトにおいて、ダラス・マーベリックスから全体8位指名を受けNBA入りした

1985年のNBA年ドラフトにおいて、ダラス・マーベリックスから全体8位指名を受けNBA入りした。1987年から2年連続でオールスター前夜のスリーポイントコンテストに出場し、1987年にはラリー・バードと優勝を争った。

指名9位:チャールズ・オークリー(バージニア・ユニオン大学→クリーブランド・キャバリアーズ※直後にシカゴ・ブルズへトレード)

名  前:チャールズ・オークリー
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1963年12月18日
身  長:206cm
体  重:111kg
ポ ジ ション:PF / C
最終所属:ヒューストン・ロケッツ
ドラフト:1985年9位
カレッジ:バージニア・ユニオン大学
経  歴:シカゴ・ブルズ
     ニューヨーク・ニックス
     トロント・ラプターズ
     シカゴ・ブルズ
     ワシントン・ウィザーズ
     ヒューストン・ロケッツ

1985年のNBAドラフト全体9位で地元のクリーブランド・キャバリアーズに指名されるも早々に交渉権がシカゴ・ブルズへトレードされる。マイケル・ジョーダンのいたブルズではルーキーイヤーから守備、リバウンドでチームに大きく貢献。

85-86年シーズンはオールルーキーチーム選出、86-87、87-88シーズンではリバウンド獲得総数でリーグトップと活躍した。

汚れ役を一手に引き受けるブルーワーカーの代表的な選手

チームの地味な役割、汚れ役を一手に引き受けるブルーワーカーの代表的な選手。その献身的なプレーは数字に表れないながらも評価が高かった。一方でダーティなプレーも辞さないスタイルから、相手選手の間ではビル・レインビアに次いで嫌われてもいた。キャリア後期はミドルレンジのジャンプシュートが上達し、ハイポストでプレイする機会が多くなった。

指名13位:カール・マローン(ルイジアナ工科大学→ユタ・ジャズ)

名  前:カール・アンソニー・マローン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1963年7月24日
身  長:206cm
体  重:120kg
ポ ジ ション:PF
最終所属:ロサンゼルス・レイカーズ
ドラフト:1985年13位
カレッジ:ルイジアナ工科大学
経  歴:ユタ・ジャズ
     ロサンゼルス・レイカーズ

1985年のNBAドラフトでユタ・ジャズに1巡目第13位で指名されて入団

13人兄弟の末っ子として生まれ、父親がおらず母シャーリーの女手一つで育てられたマローンは、地元ルイジアナ工科大学で3シーズンプレイした後、1985年のNBAドラフトでユタ・ジャズに1巡目第13位で指名されて入団した。1年目は平均得点14.9、平均リバウンド8.9と、新人としては立派な成績を収め、オールルーキーチームに選出される。

長い期間にわたり高いレベルのパフォーマンスを維持した史上屈指のパワー・フォワードだった。歴代第2位の通算得点記録を持つ(36,928得点)。19年間の現役時代のほとんどをNBAのユタ・ジャズでプレイした。1996年にNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」の一人に選ばれている。

マローンはメールマン(the Mailman、「郵便配達員」の意)のニックネームでも知られる。これは彼がルイジアナ工科大学でプレイしていた時期に記者がつけたあだ名で、郵便配達員のようにどんな時にも確実にボールをゴールに「配達する」という意味が込められている。

1 2