1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『なつぞら』のキーマン!「草刈正雄」のおすすめ作品

2019年4月からスタートする朝ドラ『なつぞら』序盤のキーマンを演じる「草刈正雄」。そのおすすめ映画・ドラマ。『華麗なる刑事』、『プロハンター』、『民王』、『真田丸』、『復活の日』、『汚れた英雄』、『体操しようよ』。

更新日: 2019年10月15日

3 お気に入り 7918 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『華麗なる刑事』(1977)

監督:児玉進、松森健 ほか
脚本:佐藤繁子、鴨井達比古 ほか
出演:草刈正雄、田中邦衛、檀ふみ、佐野浅夫、沢たまき、新克利

草刈正雄と田中邦衛の共演による刑事アクションドラマ。ロサンゼルス帰りのスーパー刑事と鹿児島出身のハミダシ刑事という型破りなコンビが、数々の事件に挑んでいく姿を描く。

@NEWGNK ドタバタ刑事コメディドラマとしては日本最高峰の名作(・∀・) 草刈正雄・田中邦衛という凸凹コンビの『華麗なる刑事』も面白いよー 草刈正雄が一番カッコ良かった頃かな(´ω`) pic.twitter.com/aEX1GfhDaG

『華麗なる刑事』はフジTV系刑事ドラマ!草刈正雄(LA帰りの刑事・44マグナム /S&WM29使用。愛車は当時最新のギャラン・ラムダ)と田中邦衛(鹿児島から来た刑事・狙撃の名手。愛車は白のカローラ)の名コンビ!ヒロインは檀ふみ!隠れ名作です!

◆『プロハンター』(1981)

監督:村川透、長谷部安春 ほか
脚本:峯尾基三、柏原寛司 ほか
出演:草刈正雄、柴田恭兵、名取裕子、小川真由美、小林稔侍、水上功治、宍戸錠、藤竜也

藤竜也と草刈正雄扮するM&R探偵事務所のコンビが活躍する姿を描いた探偵アクションドラマ。自由を愛する探偵コンビが、彼らに対抗する刑事コンビと競いながら事件を解決していく。

4月7日『プロハンター』放送開始記念日! M&R探偵社の水原(藤竜也)と竜崎(草刈正雄)、最高にイカしてるふたりの掛け合い、ファッション、ヨコハマの景色、シルバーのRX-7、BGM、クリエーションが歌う主題歌「ロンリーハート」…すべてがイイ‼︎‼︎ pic.twitter.com/nQgaJwRTbw

藤竜也と言えば私の中では断然『プロハンター』。好きでずっと観てたし草刈正雄とのコンビが最高だった。あの頃の探偵物は外れなしだったな~。あんな感じのドラマを今やったとして…。今は受け入れられないのかな。それにしても倉本さん!確かに指の綺麗な男は魅力的ですよ。それは間違いないッ!

◆『民王』(2015)

原作:池井戸潤
脚本:西荻弓絵
出演:遠藤憲一、菅田将暉、本仮屋ユイカ、高橋一生、峯村リエ、金田明夫、草刈正雄、西田敏行

池井戸潤の同名小説を遠藤憲一と菅田将暉のW主演でドラマ化した痛快政治エンタテインメント。ある日突然、互いの“心”と“体”が入れ替わってしまった内閣総理大臣の父と大学生の息子が、日本国民を巻き込んで大騒動を繰り広げる。

草刈正雄(右)と遠藤憲一(左)

地上波放送当時見たけど民王面白かった総理大臣と息子だけじゃなくてライバルの議員(草刈正雄)とその娘も入れ替わってしまうんだけど、草刈さんの中身女子大生の演技が傑作だった若かりし頃のイケメンぶりを知っている人は必見ですね>RT

◆『真田丸』(2016)

脚本:三谷幸喜
出演:堺雅人、大泉洋、長澤まさみ、木村佳乃、黒木華、高嶋政伸、遠藤憲一、斉藤由貴、草笛光子、高畑淳子、藤岡弘、近藤正臣、内野聖陽、草刈正雄、山本耕史、藤井隆、西村雅彦

戦国時代最後の名将・真田幸村。天才の父、秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく。大坂の陣で戦国時代最後にして最強の砦「真田丸」を作りあげるまでの人生を描く。

真田丸、二回目見終わった。大河の傑作ベスト3に入ると思う。 草刈正雄と近藤正臣の演技が絶品。

【映画】

◆『復活の日』(1980)

監督:深作欣二
脚本:高田宏治、深作欣二
原作:小松左京
出演:草刈正雄、ボー・スヴェンソン、オリヴィア・ハッセー、夏木勲、グレン・フォード、多岐川裕美、ロバート・ヴォーン、千葉真一、チャック・コナーズ、渡瀬恒彦、ジョージ・ケネディ、緒形拳

小松左京の同名小説を深作欣二監督が映画化したSFスペクタクル。研究所から盗まれた猛毒ウイルスが世界中に拡散し、生存者は南極に残された863人のみに。さらに核ミサイルの発射を誘発する地震が起こり…。

復活の日の映画版が想像してたより遥かにクオリティー高かった。若かりし頃の草刈正雄がイケメン過ぎて慄く pic.twitter.com/UOiL0dj9oc

映画「復活の日」を観ました。30年以上昔の角川映画なんですが、不朽の名作だと思いますた。SFの第一人者小松左京氏による傑作小説が原作なので、ストーリーや説得力は元々十分なのですが、伝わってくる監督(深作氏)・出演者(草刈正雄ほか)・スタッフの熱意がハンパないです。

1 2