1階「日本画展示室」では、わが国を代表する日本画家が、万葉歌をモチーフとして新たに描いた創作日本画を展示しています。

出典奈良県立万葉文化館|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|明日香村|山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア|公共観光施設|観光

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

坂本八幡宮も!新元号「令和」引用元で注目「万葉集」がテーマの施設

新元号「令和」の典拠となったことで再注目されている「万葉集」。全国には万葉集をテーマ(ゆかり)とした施設や公園が多数。『奈良県立万葉文化館』、『片男波公園 万葉館』、『高岡市万葉歴史館』、『因幡万葉歴史館』、『坂本八幡宮』(太宰府市)、『万葉公園』(湯河原町)ほか。

このまとめを見る