万葉歴史館は、万葉集の代表的歌人であり編者ともされる大伴家持にちなんで作られた博物館です。かつて大伴家持が政務をとった国庁跡にほど近い、眺望のきく場所に万葉歴史館があります。

出典高岡市万葉歴史館|観光スポット|とやま観光ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

坂本八幡宮も!新元号「令和」引用元で注目「万葉集」がテーマの施設

新元号「令和」の典拠となったことで再注目されている「万葉集」。全国には万葉集をテーマ(ゆかり)とした施設や公園が多数。『奈良県立万葉文化館』、『片男波公園 万葉館』、『高岡市万葉歴史館』、『因幡万葉歴史館』、『坂本八幡宮』(太宰府市)、『万葉公園』(湯河原町)ほか。

このまとめを見る