新元号「令和」の典拠となった万葉集の序文に続く歌は、奈良時代の初め、当時の大宰府の長官、大伴旅人の邸宅で開かれた「梅花の宴」で詠まれた。

出典典拠の序文に続く歌 「奈良時代初め 大宰府で詠まれたもの」 | NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

坂本八幡宮も!新元号「令和」引用元で注目「万葉集」がテーマの施設

新元号「令和」の典拠となったことで再注目されている「万葉集」。全国には万葉集をテーマ(ゆかり)とした施設や公園が多数。『奈良県立万葉文化館』、『片男波公園 万葉館』、『高岡市万葉歴史館』、『因幡万葉歴史館』、『坂本八幡宮』(太宰府市)、『万葉公園』(湯河原町)ほか。

このまとめを見る