1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

相次ぐ銃撃による殺人事件。なぜUSラッパーは早世してしまうの…

ラッパーのニプシー・ハッスルやXXXTentacionなどが相次いで銃撃によって命を奪われました。いったいなぜラッパーはこのような争いによる銃撃事件が絶えないのでしょうか。

更新日: 2019年04月02日

10 お気に入り 24425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ラッパーのニプシー・ハッスルが亡くなった

ロサンゼルス南部で経営する衣料品店の外で銃撃され、死亡した。複数のメディアが報じた。

ジェイ・Zが高額のミックステープを100枚購入したというほど実力派として評価されるもののメジャーから離脱するなど、アンダーグラウンドで地道にファンを獲得。

■去年6月にはXXXTentacionが銃撃され死亡

米フロリダ州で18日、ラッパーのXXXTentacion(エックス・エックス・エックス・テンタシオン、本名ジャセー・オンフロイさん)が銃撃を受け、死亡した。20歳だった。

ディーラーでバイクを購入した直後、2人の黒人男性に襲撃され複数回発砲されたという。直後に病院に搬送されたが、死亡が確認された

私生活の暴力沙汰などで物議を醸していたXXXTentacionさんだが、殺伐で時に破滅的ですらあるリリックは共感を呼び、今年は全米チャート1位も獲得していた

■同じく2018年6月にはジミー・ウォポが銃撃され死亡

※写真はイメージです

米国のラッパー、ジミー・ウォポさんが、地元のペンシルベニア州ピッツバーグで銃撃を受けて死亡したことが20日までに分かった。21歳だった。

現場はピッツバーグのヒル・ディストリクト近郊にあるワイリー・アヴェニューとダフ・ストリートが交わる交差点だと報じられている。

ジミー・ウォポは、2016年に発表した“Elm Street”がYouTubeで数百万回再生されるなど反響を呼んでいた新進ラッパー。

■2018年7月にはラッパーのスモーク・ドーグとコバ・プライムがトロントで銃撃に遭って逝去

※写真はイメージです

ラッパーのスモーク・ドーグとコバ・プライムが現地時間6月30日にトロントで銃撃に遭って亡くなっている。

トロントにあるナイト・クラブの外で銃撃を受けて死亡。銃撃を受けたのはスモークを含め、計3名で、容疑者はまだ逃亡中だという。

報道によれば、2人の男性と1人の女性が撃たれ、3人はすぐに病院に搬送されたものの、男性2人は搬送先の病院で死亡が確認されている。

■その他、命こそ奪われていないが銃撃事件が多発

Younginは日曜日に車に乗ってこのミックスステップに収録される新曲をInstagram Liveでプレビューしているところ、突然何者の銃撃を受けた

22歳のラッパー、Chief Keef(チーフ・キーフ)。2018年5月には最新アルバム『The GloFiles, Pt. 1』をリリースしたばかりのシーン再注目若手ラッパーの1人だが、今回そんな彼がニューヨークで銃撃を受けるという事件が発生

強盗、銃撃事件など様々なトラブルに頻繁に巻き込まれているラッパ=・6ix9ineがまた銃撃を受けた

■過去には2パックやBIGなど大物も…

2パック(トゥパック・シャクール)が1996年にラスベガスで銃殺された

2Pacの死については様々な憶測が飛んでおり、一度はギャングメンバーが逮捕されたが、すぐに釈放されている。

『ライフ・アフター・デス』リリース直前の1997年3月9日に何者かに銃撃されて命を落とした90年代を代表するラッパーのノトーリアスB.I.G.ことビギー・スモールズ

1 2