中国杯ではショートプログラム2位スタート。フリースケーティング前の6分間練習で、中国の閻涵と衝突事故が起きた[108]。

出典羽生結弦 - Wikipedia

これも2014年。こちらは不慮の事故でしたが、一時は脳震盪も疑われました。あごに包帯とテーピングを施して演技した姿を覚えている方もいらっしゃるはずです。

演技後に行った診断の結果、頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫で全治2~3週間とされました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

羽生結弦選手の怪我が心配…。「負けは死」発言で炎上って本当? スーパースターの現在に迫る。

圧倒的な実力を誇りながら、怪我のニュースが絶えない羽生結弦選手。日本が生んだ稀代のスーパースターの身に何が起きているのか、調べてみました。

このまとめを見る