グランプリシリーズ時から断続的に続いていた腹痛の精密検査のため、エキシビションを欠場し緊急入院。「尿膜管遺残症」との診断結果により翌12月30日に手術を受けた。

(中略)

手術後は2週間の入院および1か月の安静治療が必要とされたが[124]、退院後に練習を再開。しかし手術で腹部を4cmほど切り、腹筋の感覚に違和が生じたことが一因で練習時に右足首を捻挫。

出典羽生結弦 - Wikipedia

これもまた2014年。羽生選手にとって2014年は厳しい一年となりましたが、それでもグランプリファイナル(その一年の世界一を決める大会)で連覇を達成しているのは驚異的。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

羽生結弦選手の怪我が心配…。「負けは死」発言で炎上って本当? スーパースターの現在に迫る。

圧倒的な実力を誇りながら、怪我のニュースが絶えない羽生結弦選手。日本が生んだ稀代のスーパースターの身に何が起きているのか、調べてみました。

このまとめを見る