出典 imgbp.hotp.jp

選ぶポイントは「界面活性剤」

普段使っているシャンプーの、ボトルの裏を見てみましょう。
水、●●、●●…と色んな成分が書かれていますね。多くの場合、この「水」の次に書かれているものが、界面活性剤、つまり汚れを落とすのに重要な役割を果たす成分を指します。

界面活性剤は、大きく①石油系 ②石鹸系 ③アミノ酸系 の3つに分類されます。

それぞれの特徴を簡単に言うと
<石油系>…泡立ちが良く、洗浄力が強い。油分を取りすぎて乾燥することも
<石鹸系>…洗浄力が非常に強い。アルカリ性で敏感肌の人は荒れてしまうことも
<アミノ酸系>…マイルドな洗い上がりで潤いも補充。洗浄力が弱くベタつくことも

この情報が含まれているまとめはこちら

【シャンプー】2019年最新版☆オススメシャンプー特集!!(話題のノープーも☆)

一つのお店にたくさんのシャンプーがあって、もちろん自分に一番合ったものが良いですが、たまに変えようと思ってもあわなかったらどうしよう…そんなシャンプーのおすすめや、実際使った方やプロの美容師の口コミを掲載☆

このまとめを見る