1. まとめトップ

令和時代に!!美容効果の高い果物を食べて痩せる方法!フルーツダイエットの効果

美肌効果だけじゃない!?ダイエットに効果的なビタミンCや腸環境を整えてくれる食物繊維が豊富なフルーツ!朝食をフルーツに置き換えるだけのフルーツダイエットです。昼食や夕食は今までと同じように食べても良いので苦痛が少なく続けやすいのが魅力です。

更新日: 2019年05月01日

3 お気に入り 4752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hayate15さん

フルーツダイエットのやり方とは?3つのポイントが大切!

フルーツダイエットは果物を食べるだけ、というとても簡単なダイエットです。

特に食事制限は必要ないので、我慢しないといけないダイエットは続かないという女性にもおすすめです。

1.朝食を生の果物と水に置き換える

フルーツダイエットの基本的なルールややり方は「朝食の代わりに果物を食べる」というこの1ポイントのみです。これなら誰でも簡単に実践できますよね。

食べる果物はできれば1種類、多くても3種類程度にするのが良いと言われています。また、栄養価がピークになる旬の果物を選ぶのもおすすめです。

朝食を低カロリーな果物に置き換えるだけでで、摂取カロリーを1/2~2/3程度に抑えることができます。

普段から朝食は摂らない方の場合、昼食を果物に置き換えるというやり方でもOKです。

2.午前中に摂取する水分は水だけ!

既製品のジュースには砂糖や保存料がたくさん使われており、フルーツダイエットで得られるカロリーダウン効果やデトックス効果が半減してしまいます。

また、お茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は胃腸の負担が大きいので、デトックス効果を高めるためには避けるのがベストです。

3.昼食と夕食は普段通りの食事をする

果物には果糖という糖分が含まれており、全ての食事を果物だけにすると糖分の摂り過ぎで太りやすくなってしまいます。

また、果物だけでは脂質やタンパク質が足りず栄養失調になってしまったり、エネルギ―不足から脳が飢餓状態になって脂肪を貯めこむようになる可能性も高いです。

早く痩せたいという気持ちはよくわかりますが、健康にキレイに痩せるためには栄養をきちんと摂ることも大切

フルーツダイエットで得られる5つの美容・健康効果

生の果物には消化・吸収・排泄をスムーズにしてくれる食物酵素がたくさん含まれ、不要な成分や毒素の排出を促すデトックス効果が期待できます。

さらに、甘くておいしい熟した果物はすでに栄養素の分解がかなり進んでいる状態なので、食べたとしても消化・吸収にエネルギーを必要以上に使わずに済み、排泄の邪魔をしないのです。

2.血糖値の急激な上昇を防いで太りにくくする

果物なら血糖値の急激な上昇による体脂肪の増加を防いで太りにくくしてくれる上に、果糖の甘みで満足感も得られるのでダイエットが長続きしやすいという効果があります。

生の果物には食物酵素が豊富に含まれています。

酵素とは内臓や筋肉の働きをサポートしてくれる栄養素の一種。
エネルギ―に生み出す基礎代謝と細胞の生まれ変わりである新陳代謝をサポートする「代謝酵素」
食べ物の消化・吸収をサポートする「消化酵素」
この2つが私たちの身体の中に存在しています。

これらは体内で生成することができるのですが、作られる量には限りがあり、食べ物に含まれる食物酵素で補ってあげないといけません。

果物をたくさん摂ることで代謝機能を高めることができます。

基礎代謝量がアップすると脂肪をため込みにくく燃焼しやすい体質になり、痩せやすい体にすることができるのです。

5.不足しがちなビタミン・ミネラルを摂取できる

野菜や果物には酵素以外にビタミンやミネラルが豊富に含まれており、果物などが不足するとビタミンなどが不足しがちになるため、栄養が偏ってしまいます。

フルーツダイエットにおすすめのフルーツは?

デトックス効果も!ダイエットフルーツ|パイン

生のパイナップルを食べると舌がピリピリと痛くなるのはパイナップル独自のたんぱく質分解酵素“ブロメライン”が舌の粘膜を刺激するためといわれています。この酵素には、肉などのたんぱく質を柔らかくする作用があり、他にも胃腸の負担を軽減し、消化吸収を高める働きをすることもわかっています。

また、ブロメラインには腸内の老廃物を分解する作用によって下痢や消化不良、ガス発生など消化器系の症状を抑えたりする効果もあります。これらの効能が認められ、医薬品やサプリメントとしても活用されています。

腸内環境を整えてダイエット|キウイフルーツ

脂肪細胞の抑制に効果的なビタミンCは体内でストックできず、とりすぎると排出されます。
だから、こまめにとりたいもの。

そこでキウイ。グリーンなら2個、ゴールドなら1個で1日の必要量がとれるし、豊富な食物繊維は腸内環境を整えて免疫力を上げるので、風邪予防にもおすすめです。グリーンキウイは皮も食べれば食物繊維量もアップ。スポンジでうぶ毛をこすり洗いすると食べやすいです。加熱する場合はビタミンCが壊れないよう、さっと混ぜ合わせる程度で!

腸内環境を整えてダイエット|イチジク

肌あれ、生理不順も助ける女性の頼もしい味方

アラビア南部原産で、「不老長寿の果実」として知られるイチジク。
抗酸化物質や女性ホルモンのエストロゲンに似た成分が豊富で、肌あれや生理不順など女性の悩みに効果あり。豊富なたんぱく質分解酵素は消化を促し、二日酔い予防にも。
食物繊維のペクチンは腸内環境を整えてダイエットや美肌に効果あり。
傷みやすいので早めに食べるのが◎。ドライの方が栄養価は高い。

ビタミンCが豊富!ダイエットフルーツ|柿

レモンの1.5倍のビタミンC!

海外でも「KAKI」と呼ばれる、日本の代表的なフルーツ。
大きくは渋柿と甘柿がある。「柿が赤くなると医者が青くなる」という程栄養価は高く、美肌や脂肪細胞の抑制に欠かせないビタミンCは1個で1日の必要量を補える程。

ポリフェノールはブドウの5倍といわれ、その一種のタンニンとビタミンCがアルコールを排出するため、飲酒前に食べると悪酔いしにくい。

“黒バナナを食べるだけ”のフルーツダイエット

黄色いバナナを購入して5~6日経つと、皮に黒い斑点が出てきます。これが食べごろのサイン。

熟成したバナナは、黄色いものよりも酵素、食物繊維、ビタミン、ミネラル、オリゴ糖、アミノ酸の宝庫。食べ続けると、便通がスムーズになったり、代謝が上がったりするなど、疲れやすく、太りやすい体質改善にも効果的です。

おいしい旬の果物で楽しくダイエットしてみませんか?

甘くておいしい果物でダイエットできる上に、さまざまな美容・健康効果もあるなんてすごくうれしいですよね!

今回は特におすすめの果物をご紹介しましたが、果物ならどれも栄養価が高く美容にも健康にもうれしい効果がたくさんあるので、スーパーで安売りされている果物をその都度購入するというやり方でも全く問題はありません。

気候に恵まれた日本は春から冬までさまざまな果物が旬を迎え季節によって別々な果物を楽しむことができます。

旬の果物は栄養価が高い上に値段も手ごろになるので、いろいろな果物を楽しみながらダイエットをしてみるのはいかがでしょうか?

1