1. まとめトップ
  2. おもしろ

普段読まない人…みんなの『読書にまつわる呟き』が興味深い

Twitterに投稿された「読書」にまつわる様々なツイートをまとめました。読書に関する意見や独自の見解から、自分自身の読書体験など、色々と興味深い呟きが沢山ありました。

更新日: 2019年04月05日

55 お気に入り 66566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。

futoshi111さん

◆「ベストセラーとは普段本など読まない人たちに売れている本のことだ」

新元号の出典が万葉集だから本屋で万葉集がバカ売れしているという話、「ベストセラーとは普段本など読まない人たちに売れている本のことだ」という言葉を思い起こさせる春の一日である。

本に限らず、ベストセラーってそういうもんかもしれない。日常的に本を読む層はさほど多くなく、そうでない人を巻き込む起爆剤や訴求力を持ったモノが売れる、と。 例えばプリウスもそういうクルマだし、具体例は伏せるがヒット曲もそういうの多いよね。ふっ。 twitter.com/grossherzigkei…

@grossherzigkeit 現代風のタッチで描かれた漫画版も今は出てますし、若い世代にも興味を持ってもらうにはうってつけですね amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%8…

各出版社などからはこんなツイートも…

新オビ完成! 4月12日以降、書店さんに並ぶ予定です 【右】万葉集ってなに? 「梅花の歌32首」ってなに? という疑問にお答えします kadokawa.co.jp/product/200105… 【左】「梅花の歌32首 序」の原文・現代語訳が読みたい方へ kadokawa.co.jp/product/200803… #新元号 #令和 #万葉集 #角川ソフィア文庫 pic.twitter.com/BAFMJ0RUkj

白川静『初期万葉論』『後期万葉論』2冊の緊急重版決定! 4月18日出来予定 《『万葉』についての考説を試みることは、私の素願の一つである》 (『初期万葉論』あとがきより) pic.twitter.com/02DyizTgpT

新元号「令和」が引用された万葉集は講談社文庫から出ている、中西進訳注『万葉集』全四巻をどうぞ(*^_^*)ノ”新帯付で緊急重版決定したようです! 貴族から庶民に至る各階層が、見事に謳いあげた、世界に比類なき民族詩の金字塔!! #新元号 『万葉集 全訳注原文付(一)』 bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0…

なんと新元号令和流れで池澤夏樹=個人編集 日本文学全集『口訳万葉集/百人一首/新々百人一首』も売れてる…! みんな真面目か(嬉)!! ありがとうございます。折口信夫の天才性に心打たれてください。在庫は河出の倉庫にいっぱいあります。ご安心を。 kawade.co.jp/np/isbn/978430… pic.twitter.com/QGuUvXHaqg

とにかく先行研究がたくさんある&読みやすいものが多い万葉集。全国の書店様、ぜひ総力結集で棚にそろえてください! 他社でどの本がいいかとか含めご案内するから…!(え…自社は…?)(自社にも多少あります) #令和

◆やはり読んどいたほうがお得なのでは…

古典や名著なんか読まなくてもいい、あれも所詮当時のラノベ、みたいな話が流れてきたけど、ちょっと待ってほしい。 数百年にわたって版元移動しながら重版重ねてきたラノベってことですよね? それはやはり読んどいたほうがお得なのでは……

@seabuki そうやって読み継がれ語り継がれる作品は時代すら超える力がある筈なんですよ。今の流行にしか乗れない作品とは違って…

@seabuki FF外から失礼します。文豪の作品って言うと、結構身構えちゃうのかもしれないけど、読んでみると、お茶目なのもあるな〜と思います。走れメロスだって、途中で何度も諦めるんですよね。「諦めんなよ!」と何度もツッコミ入れながら読んだ思い出があります(笑)。

普通気づかないくらい小さな落ちているゴミをわざわざ拾って、これ見よがしに大人に報告してくる、というのを乳児の頃の我が子が盛んにやっていた時、あっこれ清少納言が書いてたやつだ!と思いましたよね。育児書としての枕草子。

◆もう本を読むしかない

自分のように基本的にはインドア派で、必要なきゃ新しい人間関係がどうとかめんどくさいからいいですそういうの、ってタイプの人間が効率よく成長する唯一の方法は「読書」だ。人に会うのが面倒なら、もう本を読むしかない。

◆若い頃の読書

10年前に読んだ本の記憶よりも、20年前に読んだ本の記憶の方がずっと鮮明に残っているということを踏まえると、若い頃の読書はそれだけ人生にとって重い意味を持つのではないかと思う。今は読んだ端から忘れていくからな...

◆「うちの子、全然本読まないのよ…」

「うちの子、全然本読まないのよ。私が大好きだった赤毛のアンとか、若草物語も」っていとこの嫁さんが言ったら隣にいた娘さんが「カナダのこじらせ女子の話とか戦争中の貧乏大家族の話に興味はない」と言ってて、なんだ読んでんじゃん、と思った。しかも観察力と要約力もあわせ持ってる。

1 2 3