1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ネイモーさん

就活でまず差がつく

Fラン大生に襲い掛かる第一の壁”学歴フィルター”

学歴フィルターとは、文字通り、学校名で選考対象を絞っていくもの。特定の大学の学生には、インターンシップやセミナーの案内を送る一方で、それ以外の大学には情報を送ることはない。

学歴フィルターはある。説明会のお知らせメールの送信時間が高学歴の学生の方が速い。だから、三流大の学生が説明会の申し込みページを開くころには、説明会は満席になっている。大学名で不利になる人は、有名大学の友達を作って、メールを転送してもらおう。

なぜ学歴フィルターが存在するのか?

人気の高い大企業の場合、万単位の学生がエントリーする。その一方で、対応する人事の数は限られている。そこで、何らかのフィルターをかけて学生数を絞り、まともに選考できる数にする必要がある。いちばんわかりやすいフィルターが「学歴」というわけだ。

学歴フィルターはあるよ当たり前だよね。何人が選考受けにくると思ってんの?

採用する側は、優秀な学生の出現率は偏差値に比例すると、経験から実感しています。やはりFラン大学よりも、上位の大学の方が優秀な人が多いと感じている

学歴や職歴がその人の人となりのすべてを表す訳ではもちろんないけれど、やっぱり一定のフィルターにはなるよね…と思うことがありました。

入社後~新人~

学歴フィルター通りにFラン大生が中小企業、一流大生が大企業に入社したとすると・・・

平成30年の中小企業の平均初任給は20万4200円、大企業は21万500円

初任給の時点では差がつかない。
しかし、ボーナスでは

大企業だとボーナスが2ヶ月分以上ありますが、中小企業だと多くて1.5ヶ月分くらい。業績が厳しいとどれだけ貢献している人でも0ヶ月なんてことも…

つまり、おおよその目安として中小企業では平均30万6300円、大企業では平均43万円である

トヨタ残業平均21時間くらいなのか… まあ大企業はボーナス多いから少なくても生きて行けるよね(偏見)

@m_yukimaru 製造業はメンテナンス代等かかるから大企業じゃなきゃボーナスほぼない

Fラン大生はボーナスで差をつけられてしまう。

入社後~40前半~

中小企業の平均月収は34万4100円、大企業は40万8900円
年間で約72万円の差が出る。
さらにボーナス分を考慮すると年間約130万円の差が出る。

また、大企業では、、、

大企業の福利厚生制度は王道のものが多いのが特徴です。
また支給金額や利益についても大きなものとなり、何かとお金をかけること無く生活しやすいという特徴を持っています。

〇大企業の特徴 ・ローンなどの審査緩い ・福利厚生の手厚さ ・年に2回の破格のボーナス ・サボっても給料不変 ・有休という不労所得 ・予算を使い切るため無駄遣い ・本社の駅前混雑ハンパねぇ ・休の日も仕事のこと考える ・出世しにくい やっぱ大企業は守られてる感あるよ

給料だけでなく、福利厚生が整っている傾向にある大企業にさらに差を付けられてしまう。

1 2