1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

島田紳助とは

1956- 昭和後期-平成時代のタレント。
昭和31年3月24日生まれ。島田洋之介・今喜多代に師事。昭和52年松本竜介とコンビをくんでのツッパリ漫才でNHK上方漫才コンテスト優秀敢闘賞を受賞,漫才ブームにのって人気をあつめた。60年コンビ解散後,司会,キャスターなどテレビを中心に活動。主なレギュラー番組に「開運!なんでも鑑定団」「行列のできる法律相談所」など。「羞恥心」などの作詞も手がける。平成23年暴力団関係者との交際を理由に芸能界からの引退を表明した。

島田紳助引退後の生活

◆2011年

2011年08月23日 22時00分
タレントの島田紳助さん、芸能界引退へ

◆2012年

2012年1月4日に吉本興業社長の大崎が記者会見を開き、「いつの日か、私達吉本興業に戻ってきてもらえるものだと信じております」「私達は彼の才能を惜しむものであります」「これは吉本興業の全社員、全タレント、全芸人の思いです」と紳助の芸能界復帰を希望する発言を行った。

2012年8月に紳助は大崎と会談し、頑なに「復帰はしない」と主張していたことが報じられた

◆2013年

2013年1月31日島田紳助さんが超高級コンドミニアムを購入しハワイに住んでいることを発売中の「女性セブン」(小学館)が写真とともに報じている。紳助さんは昨年5月、広さ100平方メートル超、2つの寝室に2つのバスルーム、共同施設にプールやテニスコートまである超高級物件を妻と共同名義で約5000万円で購入。

◆2014年

2014年8月に亡くなった高校の同級生である土建屋よしゆきの通夜に報道陣を避けて参列(法要後の報道陣の退去後、よしゆきと最後の対面をしたという)したことが、明らかになっている。その時、献花の名札は、紳助の本名である「長谷川公彦」名義となっていた。なお、告別式には参列しなかった。

2014年8月26日、大阪・なんばHatchで開催されたRYOEIの5周年記念コンサートにサプライズ登場した。引退以来約3年ぶりの公の場への登場となり、会場のどよめきと拍手を浴びたが、「復帰なんて1000%せえへんから!」と復帰する意向は全くないことを述べた。

◆2015年

2015年4月15日、元ヘキサゴンファミリーの一員だった大阪在住のシンガーソングライター「RYOEI」が6年ぶりの新曲を発表。その歌詞を、あの島田紳助が提供した。

◆2016年

2016年2月7日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演した芸能リポーターの井上公造氏が、元タレントの島田紳助氏から自身あてに届いたメールの中身を公表。メールには、ベッキーに関する持論がつづられていた。

◆2017年

◆2018年

2018年4月7日に宮古島のレンタカー業者「宮古島アップスグループ」インスタグラムにて島田紳助さんが登場(現在は削除済み)

島田紳助にはテレビのオファーが来ているという。

今回、新潮は8月31日に行われたシンガーソングライター・RYOEIのライブに、サプライズ出演した紳助を取材。最近、サイバーエージェントの藤田晋社長と食事をしたことを明かしました。紳助によると、藤田社長は『AbemaTV』に出てほしくてわざわざ来ているにもかかわらず、食事中、そのことをいっさい言ったことなかったのだとか。その振る舞いが紳助の心を打ったらしく、『感動した。やっぱり若くしてこうなる人は違う』と社長の人柄を絶賛。出演しない。『もしテレビに出るとしたら、AbemaTVに出ると約束しました』

2018年9月7日【引退から7年】ホンマ、平和な日々ですわ……庭いじりで日焼け「62歳 島田紳助」隠居生活を語る

1 2