1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

山本耕史&磯村勇斗は恋人役!「春ドラマ」追加キャストのイケメン俳優

2019年4月期春ドラマで、次々発表される追加キャストのイケメン俳優たち。今期民放一番の期待作『きのう何食べた?』には、ゲイカップル役で山本耕史&磯村勇斗。他にも、劇団EXILE鈴木伸之『ラジエーションハウス』、白洲迅『向かいのバズる家族』、眞島秀和『スパイラル』ほか。

更新日: 2019年04月14日

5 お気に入り 26870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆春ドラマの期待度がトップクラスの『きのう何食べた?』

よしながふみの同名漫画を、西島秀俊と内野聖陽のダブル主演で実写化。

料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と、史朗の恋人で人当たりのいい美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)の暮らしを、日々の食を通して描く。

映画とドラマのレビューサービス「Filmarks」が、地上波放送の2019年春ドラマ期待度ランキングを発表。2位になったのは、西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務めるドラマ「きのう何食べた?」。

・原作ファン注目のゲイカップル役に山本耕史&磯村勇斗

追加キャストが発表された。西島秀俊演じる筧史朗とひょんなことから知り合い、内野聖陽演じる矢吹賢二とともに、同じ同性愛者として親交を深めていくことになる小日向大策役を山本耕史が担当。

小日向さんとジルベールは原作で主人公の2人に負けず劣らずの存在感を放つ同性カップルで、ドラマ化発表直後からネットでキャスト予想がされるほど注目を集めていました。

◆医療ドラマでも稀な放射線技師が主人公『ラジエーションハウス』

レントゲンやCTで病変を写し出す診療放射線技師と、その画像から所見を得て病気を診断する放射線科医たちを描く医療ドラマ。

主演の窪田は、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師・五十嵐唯織役。また、検査画像から所見を得る放射線科医・甘春杏を本田翼が演じる。

窪田正孝

「グッド・ドクター」の大北はるかが脚本を手がけ、「マスカレード・ホテル」「HERO」などで知られる鈴木雅之が演出を担当する。

・主人公の恋敵役に劇団EXILEの鈴木伸之

追加キャストが発表された。辻村駿太郎役を鈴木伸之(劇団EXILE)が担当する。辻村は将来有望なイケメン整形外科医。

辻村は、容姿端麗で女性ウケがよく、自由奔放で何事も“ダメダメな”唯織とは対照的な存在だ。エリート意識が強いので、技師の面々とは幾度となく衝突している。

唯織とは杏を巡る恋のライバルで、彼女の気を引こうとデートに誘うなど、さまざまなアプローチを仕掛けていく。

◆SNSに翻弄される家族を描く『向かいのバズる家族』

SNS内に別人格を持つことから、SNSに翻弄(ほんろう)される姿を描く家族の物語。

主人公のカフェ店長・篝あかり(内田理央)の「表の顔」は人当たりがいい明るい女の子だが、SNS上では誰にも言えない「裏の顔」を持っている。あかりや家族がそれぞれSNS上で“バズって”いくことで、平穏な家族に異変が起こっていく。

脚本を手がけるのはマギー。ドラマ「100万円の女たち」や映画「デイアンドナイト」で知られる藤井道人らが監督を務める。

・主人公が思いを寄せる男性役に白洲迅

追加キャストが発表され、あかりが思いを寄せる、勤務先のカフェの常連客・皆戸涼太役には白洲迅が起用された。

1 2