どこの世界にもお局みたいな人はいるけど、往々にして外見も美しくないのよね。美しくないからお局になるのか、お局だから美しくなくなるのかだと、どっちが多いのかな。外見のコンプレックスに対し、それ以外でマウント取ることで自我を保ってるのが前者。内面腐敗が外側にも現れるのが後者なのかな。

返信 リツイート いいね

お局と呼ばれている人には、総じて「自分の立場を危うくされないか、自分の実力が不足していることが実力がある若手の台頭で露呈しないか」ということに常に恐怖を感じているといえる。
尊大な態度の裏には、途方もない小心が見え隠れする。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本当はかわいそうな人…「お局」と呼ばれる困った女性社員たち

長年勤めている大先輩ではある物の、自分勝手で空気を読まず、中にはパワハラをする古参の女性社員。そんな女性社員のことを、「お局」と揶揄する声があります。実はお局になってしまう人には、尊大な態度とは真逆の悲しい心理が…

このまとめを見る