1. まとめトップ

「令和」違和感ある?空気の読めなさがワイルド過ぎる石破茂と野党党首の面々

新元号「令和」が2019年4月1日に発表されて日本中がお祝いムードで盛り上がる中、空気を読まず(読めず?)水を指すイチャモンをつける人々が続々と現れている。彼らは一体何が言いたくてそんな主張をするのか…理解し辛い面々を取り上げます。

更新日: 2019年04月04日

0 お気に入り 174 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新元号「令和」が2019年4月1日に発表されて日本中がお祝いムードで盛り上がる中、空気を読まず(読めず?)水を指すイチャモンをつける人々が続々と現れている。彼らは一体何が言いたくてそんな主張をするのか…理解し辛い面々を取り上げます。

seiya0209さん

■「違和感ある?」人それぞれだからこそ感覚が大事!

普段と髪型が違っていたり

いつもよりこんがり焼けていたり

違和感を覚えるか否かは人それぞれだからこそ         「一般的」「普通」が分かる感覚が大事!

■新年号は「令和」に決定!(2019年4月1日発表)

菅官房長官は記者会見で、新しい元号の考案者について「考案者ご自身が秘匿を希望していることに加え 考案者を明らかにすれば新元号と特定の個人との結びつきが強調されることになりかねないため、お答えは差し控えたい」と述べたほど、厳粛に新年号は選考された。

安倍総理も自らの言葉で、新元号「令和」への想いを語った。
想いを聞いて、新元号の背景や意味を知ってなるほどと思った人も多いはず。

海外メディアなどにも正しく理解してもらえるよう説明

■新年号を理解してもらえるよう説明のある中、水を指すような発言をする人が…

1.石破茂(「違和感ある」と発言)

→ 人の話しを聞いて理解できない政治家は無能である!

「令和」は「万葉集」32集序文「梅の花」の歌、
「時に初春の(令)月、気淑く風(和)ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」
からとったと安倍総理も語っている。
「令」が「命令」を連想させることを懸念したと言われているが、そんなわけがない!

2.志位和夫 日本共産党委員長(使用の強制に反対する)

『元号はもともと中国に由来するもので、「君主が空間だけでなく時間まで支配する」という思想に基づくものである。それは日本国憲法の国民主権の原則になじまないものだと考えている。』と志位和夫自身が述べている。

→ 頑なに自身の主張を続けるのは世論をとらえられていない証拠!

要約すると『元号使用に反対しておらず、自由な国民自身の選択に委ねられるべきであり、国による使用の強制には反対する』と述べているが、国(政府)は一般国民にまで元号の使用を強制していない!
頑なに自身の主張と思い込みを続ける姿勢は、新元号を迎えるのに柔軟な対応が出来ないことを体現している。次世代にあわせて柔軟な対応ができない人はいかがなものか。

3.又市征治 社民党党首(「令は『命令』の令…統制強化にじむ」と…)

→ 石破茂と意見が一緒!?センスのない主張に党首の品位を疑う!

「安倍政権が目指す国民への規律、統制の強化がにじみ出ている感が否めない」との見解を披露したが、石破茂発言と被っているし、Twitterでは「案の定の反応」など予想の範ちゅうであったことが否めない。
新たな時代に否定・批判ばかりで且つオリジナリティのない政党や政治家は果たしているだろうか?不要であろう。

■「違和感がある」に違和感を覚えろ!

1 2