1. まとめトップ

教科書のフォントが変わったことで救われた少年の話

ユニバーサルデザインがもっと普及しますように

更新日: 2019年04月04日

1 お気に入り 469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ritteさん

文字のフォントが変わったことで救われた少年

今日、訪問した支援者の方から
「UDデジタル教科書体」に変えたら、今まで文字を読めなかった子が
「これなら読める!オレはバカじゃなかったんだ……」と言って、
皆で泣いてしまったという話を聞いた。

その話を聞いて、書体が手助け出来たことの嬉しさよりも、
その子が今まで背負ってきた辛さ、
自分をバカだと思ってしまうほどの切ない体験をどれだけしてきたのかと、
今まで放置されてきた書体環境に胸が締め付けられ、
タイプデザイナーとして申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

きっと書体を変えただけでなく、支援者の方が子どもに寄り添い、
その子が読みやすい組版を提供したのだろう。

支援者の方が沢山の書体の中から「UDデジタル教科書体」を見つけ、
うまく役立ててくれていたことに頭が下がる。
「障害は人がもっているのではなく、社会にある」ということを実感した話だった。
その子が、これをきっかけにこれから一つ一つ自信を取り戻してくれたら嬉しいな。

今日、訪問した支援者の方から「UDデジタル教科書体」に変えたら、今まで文字を読めなかった子が「これなら読める!オレはバカじゃなかったんだ……」と言って、皆で泣いてしまったという話を聞いた。 その話を聞いて、書体が手助け出来たことの嬉しさよりも、その子が今まで背負ってきた辛さ、…(続

自分をバカだと思ってしまうほどの切ない体験をどれだけしてきたのかと、今まで放置されてきた書体環境に胸が締め付けられ、タイプデザイナーとして申し訳ない気持ちでいっぱいになった。きっと書体を変えただけでなく、支援者の方が子どもに寄り添い、その子が読みやすい組版を提供したのだろう。(続

支援者の方が沢山の書体の中から「UDデジタル教科書体」を見つけ、うまく役立ててくれていたことに頭が下がる。 「障害は人がもっているのではなく、社会にある」ということを実感した話だった。その子が、これをきっかけにこれから一つ一つ自信を取り戻してくれたら嬉しいな。

彼が体験した変化とは?

UDデジタル教科書体は、学習障害(ディスレクシア)の子供、弱視の子供にとっての読みやすさを徹底的に研究した書体。 そして、誰にとっても読みやすい書体。 「読みやすいフォントを採用する事により、拡大コピーをした特製の教科書を作る必要性が減る」など、さまざまなメリットがある。 pic.twitter.com/nHWr1xxQsL

先RTのリンクから、UDデジタル教科書体の図を引用。これは確かに読みやすい…!Windows10標準で入ってたの知らなかった(今見たら確かに入ってた) 今後はこのフォント使おう kyoiku-shuppan.co.jp/tsushin/files/pic.twitter.com/b8hiJVJoUy

今日はモリサワの方からUDフォントのお話を聞いた。弱視のお子さんに選ばれただけでなく、それを教える先生方からも「読みやすい」というアンケート結果を得たと。 件のフォントは「UDデジタル教科書体」。win10では標準搭載されているから、教育機関のPCはどんどん新しくして欲しいと切に願う。 pic.twitter.com/ecCNGk6vEh

先ほどまで、モリサワさんからUDフォントのレクチャを色々受けてました。 その中のUDデジタル教科書体は一昨年のWindows10のアップデートで入ってると伺い、早速試してみました。 字体が教科書体だけに子供っぽいものを感じますが、読みやすい!今度の提案書コレ使ってみよう morisawa.co.jp/topic/upg20180… pic.twitter.com/NyzCDS1nSl

このUDデジタル教科書体っての、老眼にもすごく見やすくていい! ただでさえ近眼乱視のところに老眼まで入ってくると、細くて行間が詰まっている文字は本気で読めなくなってくるんだよね。

UD書体(UDフォント)とは?

整理すると以下の点に優れています。

視認性:文字ひとつひとつの構成要素を視認しやすくする
判読性:誤読しにくく、他の文字との判別をわかりやすくする
デザイン性:シンプルさ、美しさ、整理、整合性をもつ
可読性:文字列としての単語・文章の読みやすさ

また、注目すべきは、一般の人だけでなく、お年寄りや障害者の方、外国人の方でも「便利だな、使いやすいな」と思えるデザインになっているという点です。

関連ツイート

教育出版「ことばだより」p.12〜 に「UDデジタル教科書体」の開発の思いや合理的配慮について執筆しています。読んでね。 kyoiku-shuppan.co.jp/tsushin/files/…

@mirailist UDフォントのツイートを有難うございます!「その子にとって読みやすいフォントを選べること」が本当のユニバーサルデザインだと思っています。「ヒアリングを通して、多くの人が読みやすさを感じる書体を開発すること」で少しでもUD化に貢献できると嬉しいです。また今年もEDIXに来てくださいね!(^^)

UDデジタル教科書体は、PTAからのお知らせとして児童と家庭への配布物を作るときに、意識して使わせてもらってます。そういう支援が必要な子どもや家族が校内に現在いるかどうかはわからないけど、読みやすいと感じる子がいたらいいなと思ったり。

学会の予稿集でMS明朝は極力使わず、UDデジタル教科書体を使うようにしてくださいと指示された時、意味わからんこと言ってるな~まあ従うけどさ、くらいに思っていたのだが、ちょっと考えを変えた。>RT

UDデジタル教科書体。学校で習う漢字の形になってて、かつ見やすいっていうのほんとにすごい! 文字がどう見えてて、どの程度読めるのか、他人が把握するのってすごく難しい。ましてや文字を読みなれない子は見え方の正解もわかりづらいし、それ以上に伝えるの難しいだろうな…

さて「令」、元号が発表された際の政府の筆書きの字形と一般書体の字形、それから義務教育の教科書で使用されている学参書体の字形がそれぞれ違っていますね。例としていくつか表にしてみました(おまけにUD書体も入れています)。教育の現場で、これらをどう教えていくのか、かなり興味深いです。 pic.twitter.com/DCassEM5wE

関連まとめ

1