1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『都立水商!』から『オトナ高校』まで!「竜星涼」が“変な高校”に通いがちな件

朝ドラ『ひよっこ』や『アンナチュラル』などで知られる「竜星涼」が『都立水商!~令和~』に主演決定。架空の水商売専門高校の教師役を演じる。実は竜星、多数の学園ドラマに出演するも、どれもちょっと“変な高校”。『オトナ高校』、『こえ恋』、『ごめんね青春!』、『GTO』、『桜蘭高校ホスト部』ほか。

更新日: 2019年06月22日

7 お気に入り 13303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆架空の水商売高校『都立水商!』の教師役を演じる「竜星涼」

竜星涼が水商売学ぶ高校生を導く、ドラマ「都立水商!~令和~」で主演(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3265… #竜星涼 pic.twitter.com/aQcIMXpTgG

水商売の裏側を描きベストセラーとなった小説『都立水商!』が、俳優の竜星涼の主演で、ドラマ版タイトルを『都立水商!~令和~』として実写ドラマ化される。

東京都立水商業高等学校、略して都立水商。水商売に関する専門教育を行うこの高校に赴任した新米教師・石綿直樹が、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも生徒とともに成長していく。

脚本を担当するのは「ヒモメン」の森ハヤシ。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透が監督を務める。

◆性体験のない男女の集められた『オトナ高校』ではスパルタ教師役

脚本:橋本裕志
出演:三浦春馬、高橋克実、竜星涼、松井愛莉、山田真歩、夕輝壽太、杉本哲太、正名僕蔵、黒木メイサ

三浦春馬主演、性体験のない30歳以上の不器用なオトナが英才教育を受ける学園ドラマ。

国から突然、オトナ高校への入学を義務付けられたエリート行員・荒川英人は、しぶしぶ入学。ほかの生徒らを見下しながら、授業を受け始める。

竜星が演じるのは、5人の子を持つキラキラネーム世代のイケメン教師、その名も山田翔馬(やまだ・ぺがさす)。反発する生徒たちに「君たちは腐ったチェリーです」と言い放ち、圧倒的恋愛理論を展開するスパルタ教師だ。

山田翔馬役 #竜星涼 さん 生徒に「君たちは腐ったチェリーです‼️」と言い放つ、#オトナ高校 の毒舌スパルタ教師‍翔馬と書いてペガサスと読むキラキラネーム世代✨今は亡き“肉まんじゅうのような妻”を心から愛していたため、恋人に容姿やステータスを求める無意味さを知っている☝️ pic.twitter.com/jjAjKxoKNQ

◆紙袋を被った生徒が通う『こえ恋』では生徒会長役

原作:どーるる
脚本:平林克理、大林利江子、中村能子、三浦直之
出演:永野芽郁、竜星涼、落合モトキ、大友花恋、桜田通、水谷果穂、唐田えりか、白石隼也、櫻井孝宏

どーるるの少女コミックをドラマ化した青春ラブストーリー。

高校入学早々に風邪で寝込んだゆいこは、クラス委員長・松原くんからの電話を受ける。その優しい声にドキドキするゆいこだったが、彼は紙袋を被った謎の男の子だった。

竜星演じる兵頭誠は、吉岡ゆいこに腕を掴まれただけで顔が真っ赤になり、動揺してしまうほど“激ピュア”な生徒会長。

冬休みに一緒にお参りに行った二人が急接近!?会長がとっても男前で感動的!comicoにてTVドラマ「こえ恋」第11話配信中!松原くんの特典ボイスもあります! goo.gl/RiKdwV #永野芽郁 #竜星涼 pic.twitter.com/zx5F1Mi1HM

竜星涼と永野芽郁

◆「お試し」共学『ごめんね青春!』では女子全員にふられる生徒役

脚本:宮藤官九郎
出演:錦戸亮、満島ひかり、永山絢斗、波瑠、川栄李奈、黒島結菜、矢本悠馬、竜星涼、森川葵

宮藤官九郎脚本、錦戸亮と満島ひかり共演による学園青春ドラマ。

仏教系男子校、通称“東高”と、カトリック系女子校、通称“三女”は合併の話が持ち上がり、対立していた。そんな中、平助(錦戸亮)の提案で1クラスだけ共学にすることになり、りさ(満島ひかり)ら教師や生徒らは両校で共学生活がスタートする。

竜星涼と川栄李奈

大木隆役・竜星涼さん
女子生徒全員からフラれてしまった大木くん…。下心ミエミエな大木くん…。サトシと同じく、憎めないキャラです。そして、青春祭ではビキニ姿も披露。まさかの…ナイスバディでした。

◆元ヤン教師の『GTO』では半身不随となるバスケ部エース役

原作:藤沢とおる
脚本:飯塚健
出演:AKIRA、比嘉愛未、山本裕典、松岡茉優、菊池風磨、竜星涼、小芝風花、片寄涼太、伊藤沙莉

藤沢とおるの原作漫画をAKIRAと比嘉愛未の共演で映像化した学園ドラマ。

元暴走族のヘッドという経歴を持ち、“グレート・ティーチャー”を自認する教師・鬼塚が破天荒な指導で、生徒の信頼を勝ち取っていくさまを描く。

バスケ部のエース芹澤航平(竜星)が慢性硬膜下血腫で倒れ、身体にマヒが残ってしまった。アメリカへのバスケ留学も決まっていたのに、夢立たれた芹澤は自暴自棄に。

1 2