1. まとめトップ
  2. 雑学

あえてトライする!苦手なことをすると才能が開花しやすいワケ

苦手なことをあえて行うことによって「新たな才能」が開花しやすくなるみたいです。

更新日: 2019年04月04日

47 お気に入り 14966 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■誰にでも苦手なことはある

苦手なものを考えただけでも、、、「気持ちが重い。。。」「嫌な感覚、嫌なイメージしか出てこない」「考えただけでも辛い。。。緊張してしまう」

■そう、誰にでもある…

仕事で電話応対の次に苦手なことが「人に指示を出す」ことなんだけど今それをしなきゃいけないっぽくて心がしにそう

@sakaijun それいいですね! 僕は全然違う仕事してますが、インタビューが苦手です。 この方法で練習してみます!

仕事の事務作業はわりと得意だけど自分の細々した事務作業は苦手なんだよなあ……

仕事だとか、目的があって人前に出るのであれば苦手ではないですけど、急に振られたり、突発的に人前に出て喋ってと言われるのは苦手。 #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/165711249

■そんな苦手なことを「あえて行う」ことにより「才能が開花しやすくなる」

開花する人格と才能 それは、自分の中の「隠れた人格」が開花する仕事を選ぶという技法である。ここで、「『隠れた人格』が開花する仕事」とは、どのような仕事か。端的に言えば、「苦手な仕事」

「自分の性格に向いていない仕事」とは、これまで自分が「あまり表に出してこなかった人格」を活用しなければならない仕事を意味している

天職に気づくきっかけ、天職に近づいていくヒントは、さまざまな形で現れます。それは、「苦しみ」という形でやってくることもある

■苦手なことを行うことで自分を知ることができる

自分の意図に反して「苦手」と思う仕事に取り組むことになった結果、「隠れた人格」が引き出され、「隠れた才能」が開花した経営者は、実に多い

「希望していなかった仕事」においても、その仕事に正対し、前向きに取り組むことによって、結果として、自分の中の「隠れた人格」を引き出し、「隠れた才能」を開花させていった

目の前のことに全力で取り組むことで、成長するだけでなく、天職の片鱗を見つけることができる

■誰もがみな「多重人格者」である

自分が分かっているようで分からない部分が多いということを意味します。

自分が気づかないだけで、隠れた人格がある。実は誰もが複数の人格を無意識に使い分ける「多重人格者」

ある人格を長期間「演じる」ことで、自然にそれが板についた「人格」となり、自分の中に育っていく

スポーツの才能、芸術の才能、音楽の才能……自分には何かしら才能が眠っていると感じている人も多いのでは? 気づけていないだけで、あなたにも隠れた才能がある

■誰もが知らない才能がある可能性がある

スポーツの才能から音楽の才能、音楽の才能から、お笑いの才能まで、自分の才能が何なのかは十人十色、皆、大きな可能性を秘めた尊い存在

「自分にはどんな才能があるんだろう?」「才能がわかればもっと活躍できるのに」「才能を発揮できれば、人生はもっと豊かになるはずだ」そんなふうに思ったことはありませんか?

1 2