1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

半年前から抑留中…韓国船が北朝鮮との「瀬取り」に関与か

この1隻だけなのか、それとも…。今後の動きに注視したいですね。

更新日: 2019年04月04日

7 お気に入り 6157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■韓国船舶が北朝鮮との「瀬取り」に関与か

韓国メディアは3日、北朝鮮船舶との瀬取りを行った疑いで、韓国船籍のタンカー1隻を昨年10月から釜山港に抑留中と報じた。

■国連安保理から厳しい制裁を受けている北朝鮮

国連安保理は、繰り返し実施された核実験及び弾道ミサイル発射に対する制裁を発動中。

原油・石油精製品の輸入制限、石炭や繊維製品など主要輸出品の全面禁輸、武器禁輸や個人・団体の資産凍結などが挙げられる。

その他にも、アメリカや日本などが独自制裁を課している

■しかし、様々な方法で制裁逃れを行っている

国連の専門家パネルが12日に公表した報告書によると、北朝鮮が制裁決議に違反し、不法取引を「大規模拡大」しているという。

兵器などを中東の反体制派に売却しているほか、世界中の仮想通貨交換業者や金融機関に対するハッカー攻撃で外貨を獲得。

2016年以降の被害は推計6億7千万ドル(約745億円)超とされ、18年1月に起きた「コインチェック流出事件」も含まれている。

■特に問題視されているのが瀬取り

昨年だけで少なくとも263回の瀬取りを確認

洋上において船から船へ船荷を積み替える「瀬取り」を通じ、石油や石油製品の輸入、石炭の輸出を継続。

昨年だけで少なくとも263回の瀬取りが確認されており、国連安保理が許容した輸入上限の約7.6倍、約378万バレルを輸入したという。

■韓国船舶が同容疑で抑留されるのは初

船会社側は容疑を認める

韓国メディアによると、問題のタンカーは韓国の運送業者が保有し、積載量は7850トン。

2017年に東シナ海上で北朝鮮船舶2隻に計約4320トンの軽油を渡したとみられ、当局の調べに対し、船会社側は容疑を認めているとのこと。

韓国船が同容疑で港に留め置かれるのは初めてで、この他にも外国籍の船舶3隻も韓国内の港に留め置かれているという。

■実は、韓国の瀬取りへの関与を疑わせる事例は少なくない

さらに、韓国の輸入業者が、禁輸措置が取られている北朝鮮産の石炭をロシア産と偽って違法に輸入した件も明るみになっている。

■アメリカも韓国の動きを警戒?

別の韓国船舶が「瀬取り疑惑リスト」入り

1 2