運転席やダッシュボードを構えたティーダのインテリアは、自社のセダン車・ティアナを手掛けたスタッフによって考案された。ゆとりを感じられるような余裕のある空間を確保して最上級グレードのシートには本革を用いるなど、全体のクオリティを高くした。さらに室内は細々とした部分にもこだわりを生かしていて、乗った瞬間からゆったりとくつろげるようにあれこれ工夫した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

常に上質を追い求めた日産コンパクトカー・ティーダはダイナミックな印象を持つ

日産自動車が誇るハッチバック乗用車・ティーダはサニー及びパルサーの後継車となっていて、例え日本での展開が終わってしまっても海外で販売を継続している。

このまとめを見る