タイ、オーストラリアなどのオセアニアに進出した2代目ティーダは、かつて日産で発売されていた車と同じ、パルサーという名前で発売されていた。そして3代目になった時はヨーロッパ仕様の名前が、ティーダではなくパルサーになった。なお、パルサーは初代から6代に渡って日本や海外で幅広く展開した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

常に上質を追い求めた日産コンパクトカー・ティーダはダイナミックな印象を持つ

日産自動車が誇るハッチバック乗用車・ティーダはサニー及びパルサーの後継車となっていて、例え日本での展開が終わってしまっても海外で販売を継続している。

このまとめを見る