1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ミラー・ツインズ』だけじゃない!俳優が熱演する「一人二役」ドラマ

2019年4月期春ドラマ『ミラー・ツインズ』では藤ヶ谷太輔が、刑事と犯罪者の双子を「一人二役」で熱演する。俳優にとって難役の「一人二役」は、過去のドラマでもいくつか演じられている。『愛を乞うひと』『コピーフェイス〜消された私〜』『信長協奏曲』『Wの悲劇』『古畑任三郎ファイナル ラスト・ダンス』ほか。

更新日: 2019年04月15日

5 お気に入り 18737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆藤ヶ谷太輔が主演する連ドラ『ミラー・ツインズ』

人気グループ・Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演する東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ『ミラー・ツインズ』。

20年前の誘拐事件によって引き離された双子の弟、葛城圭吾と兄の葛城勇吾。片や刑事になり、片や復讐に生きる犯罪者となった二人が、それぞれの存在意義をかけて魂をぶつけ合うツインサイコサスペンス。

「仮面ライダーエグゼイド」(2016-17年、テレビ朝日系)でメインライターを務め、アニメやテレビドラマなどの脚本も手掛ける高橋悠也による完全オリジナル脚本。

・主演の藤ヶ谷が「一人二役」を熱演

藤ヶ谷は「圭吾、勇吾を演じ分けるという部分が一番のキーになると感じています。監督と相談し、役柄にしっかり寄り添いながら、ひとつひとつの場を考えて演じたい」と気合をにじませた。

WOWOWの青木泰憲プロデューサーは「光と影のような双子の一人二役を熱演する藤ヶ谷さんをぜひご堪能ください」とコメントを寄せている。

◆他にもあった!俳優が熱演する「一人二役」ドラマ

▼『愛を乞うひと』(2017)

原作:下田治美
脚本:後藤法子
出演:篠原涼子、広瀬アリス、鈴木梨央、杉本哲太、ムロツヨシ、平山浩行、寺島進、豊原功補、木村多江、上川隆也

下田治美による同名小説を映像化したもの。篠原涼子が1人2役で主演を務め、幼少時代の虐待という凄惨な記憶から逃げていた女性が過去と対峙する、母と娘の愛憎渦巻くヒューマンドラマが描かれる。

篠原涼子(右)と鈴木梨央(左)

愛を乞うひとっていう篠原涼子のスペシャルドラマを見たんだけどすごかった。 すっごい好きなドラマだった(;_;) 篠原涼子の演技力が半端じゃないわ。 一人二役だったんだけど、別人に見えるレベルだったわ。

SPドラマ「愛を乞うひと」 篠原涼子さんの一人二役も良かったけど、子役の鈴木梨央ちゃんの素晴らしいこと。本当に痛々しかった。当たり前に愛されて育った私には到底理解できないけれど、時代背景もあって、こういう辛い経験をした子も少なくはなかったのだろうな。と。考えされられた。

▼『コピーフェイス〜消された私〜』(2016)

原作:サンドラ・ブラウン
脚本:篠﨑絵里子
出演:栗山千明、佐藤隆太、玉置玲央、芦名星、前田亜季、鶴見辰吾、田島令子、寺田農

ある美容外科クリニックの不正を暴くため、その理事長夫人に接近した週刊誌記者。夫人を追って乗り込んだ飛行機が事故で墜落、夫人に間違われて救い出され、元の夫人の姿に完全整形されてしまった!栗山千明が一人二役で挑む、愛憎渦巻くラブサスペンス。

NHK総合で金曜夜10時~放送されている ドラマ10「コピーフェイス ~消された私~」は、 栗山千明さんが一人二役のお薦めのドラマです。 nhk.or.jp/drama10/copyfa…

NHKドラマ10のコピーフェイス見終わった。演技力のある役者さんばかりでグイグイひきこまれるし、ドロっとした重たいテーマだけど後味爽やか。何より栗山千明の一人二役が素晴らしかったです。真逆な役のファッションの差も楽しかったし美しすぎます...演出も過剰すぎず良いドラマだった〜

▼『信長協奏曲』(2014)

原作:石井あゆみ
脚本:西田征史、岡田道尚、宇山佳佑、徳永友一
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔、夏帆、濱田岳、高嶋政宏、山田孝之、西田敏行

石井あゆみによる同名マンガを原作にしたSF時代劇。戦国時代へとタイムスリップしてしまった高校生サブローが、織田信長の身代わりとして生きる姿を描く。小栗旬がサブローと信長の1人2役を担当。

久しぶりに信長協奏曲観てる! 一人二役… 控えめに言って 小栗旬最高。 pic.twitter.com/opLX4qjY8y

小栗旬 信長協奏曲みたら改めて凄いな〜って思う 一人二役なのにサブローの時とミッチーのときで顔つきが全然違う全く別人! 役者って凄いね #永遠の王子様 #小栗旬

1 2