1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

山本舞香から大政絢まで!春ドラマで注目したい「現役モデル」女優たち

2019年4月期春ドラマには、現役モデルとしても活動する女優たちが多数出演。大政絢『ミストレス~女たちの秘密~』、山本舞香『遊戯みたいにいかない。』、中条あやみ『白衣の戦士!』、岡崎紗絵『パーフェクトワールド』。

更新日: 2019年04月24日

7 お気に入り 11029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『パーフェクトワールド』(火曜夜9時、フジテレビ)

事故で脊髄を損傷し、車いす生活を続けている建築士の鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、二人が心を通わせ合う姿を描いていく。

松坂桃李と山本美月

脚本を「隣の家族は青く見える」の中谷まゆみが手がけ、「FINAL CUT」の三宅喜重と「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」の白木啓一郎が演出を担当する。

・ヒロインの妹役に雑誌Rayの専属モデル「岡崎紗絵」

岡崎は今回、ドラマ『パーフェクトワールド』に川奈しおり役として出演し、ヒロイン・山本美月の妹役をつとめる。しおりは、都内の大学に通う学生で、つぐみと同居している。つぐみとは違い、言いたいことをはっきり言うあけすけな性格。

2012年に6515人の応募者の中からミスセブンティーングランプリを受賞。セブンティーンモデル後、2016年より雑誌『Ray』の専属モデルを務めている。

2015年映画『脳漿炸裂ガール』で映画初出演を果たし、ドラマでは『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』、『仰げば尊し』、『僕たちがやりました』、『ブラックペアン』と話題作に出演。

◆『白衣の戦士!』(水曜夜10時、日本テレビ)

中条あやみ、水川あさみのW主演。「命と戦う場所」である病院で責任を持って働く看護師=“戦士”にスポットを当てた痛快ナースコメディードラマ。

明るく型破りな元ヤンキーの新米ナース・立花はるか(中条)と34歳でナースのやりがいも薄れ、成果はないが婚活中の三原夏美(水川)が仕事に恋に奮闘する姿を描く。

脚本を手がけたのは「37.5℃の涙」の梅田みか。「トーキョーエイリアンブラザーズ」の菅原伸太郎らが演出を担当する。

・連ドラ初主演となる「中条あやみ」は『CanCam』の専属モデル

2011年、雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン 2011」でグランプリを受賞。2012年にはドラマ『黒の女教師』で女優デビュー。以来、映画、ドラマ、CMなど話題作に多数出演。

◆『遊戯みたいにいかない。』(水曜深夜0時59分、日本テレビ)

漫画の制作事務所を舞台に、時代遅れの売れない漫画家とその周りの人々の日常をシニカルな笑いと哀愁で描く、シチュエーションコメディーの第2弾。

ファミコン世代とスマートフォンゲーム世代の間に起きるギャップなどを緩く解決していく。

前作に引き続き東京03、山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、山本舞香が出演し、オークラが脚本・監督を担当。ニイルセンがイラストとアニメーションを手がけた。

1 2