1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
13 お気に入り 20116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■はるか昔、クジラは「4本足」だった

国際研究チームは4日、「クジラやイルカなど鯨類は、5000万年前は現在よりも小型の4本足の動物だった」と生物学会誌に発表した。

■地球上の生物は進化を繰り返してきた

地球の歴史上、動物たちは環境の変化に適応してさまざまにその形態を変え、あるものは繁栄し、あるものは絶滅してきた。

■そんな中、クジラ類の進化史には「多くの謎」が

体毛も後肢もなく、淡水を飲みに陸に上がることもできない現在のクジラは、一般的な哺乳類のイメージからはかけ離れている。

哺乳類の共通祖先は陸に生息していたが、どうやって海に戻ったのか?クジラの出現は進化生物学者にとっては、最も難解な謎だった。

■近年の研究で徐々に明らかに

クジラとカバは親戚

近年、化石の研究と現在の動物のDNA研究を合わせることで、クジラの進化の過程を推測できるように。

その結果、クジラは偶蹄類(ラクダやカバ、ブタ、ウシなど)に最も近縁で、これらには共通の祖先が存在したということが分かった。

■クジラ類の祖先

現在知られている最古の原始的クジラ類「パキケトゥス」

約5000万年前(始新世初期)の水陸両域に生息していた、長い尻尾が特徴の四つ足の哺乳動物。

キツネかコヨーテほどの大きさで、「半陸上半水中」という生活をしていたと推測されている。

50 milyon yıl önce karada yaşayan Pakicetus isimli, köpek benzeri bir memeli, resimdeki aşamalardan geçerek bugünün balinası haline gelmiştir. Geçiş aşamalarına ait sayısız fosil vardır ve hepsinde memelilere özel iç kulak yapısı görülür. Ortada tartışacak bir şey var mı hafız?.. pic.twitter.com/sYz4cpB5yc

その後、年月とともに海中での生活に適した姿に進化

現生クジラ類の直接的祖先

4500〜3000万年前の温暖な海に生息し、ヘビのように細長く、平均体長が18mにもなるバシロサウルス。

彼らの近縁種であるドルドンは、「現生クジラ類の直接的祖先、あるいは直接的祖先に近縁の種」と考えられている。

■しかし、ここで新たな謎が浮上

北米で4120万年前の部分的な化石が発見されており、その時代までに自体重を支えて地上を歩行する能力を失っていたことが判明。

1 2