1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『パーフェクトワールド』だけじゃない!主人公が「車いす」の映画・ドラマ

2019年4月期春ドラマ『パーフェクトワールド』は事故で脊髄損傷し、車椅子生活を送る主人公の恋愛ストーリー。同じように主人公が下半身不随という映像作品は少なくない。『赤い衝撃』『ビューディフルライフ』『車イスで僕は空を飛ぶ』『記憶捜査』『AIKI』『ジョゼと虎と魚たち』『最強のふたり』ほか。

更新日: 2019年04月21日

4 お気に入り 11927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『赤い衝撃』(1976)

監督:國原俊明 ほか
脚本:安本莞二 ほか
出演: 山口百恵、三浦友和、中条静夫、草笛光子、原知佐子、南田洋子、田村高廣

伝説のアイドル・山口百恵のドラマの代表作「赤いシリーズ」第4弾。愛する青年刑事の銃弾に誤って撃たれ、下半身マヒになってしまった少女の悲劇を描く。

山口百恵と三浦友和

百恵ちゃんの中で一番好きなのは「赤い衝撃」。中条さんの「うさぎ!」「おまえはバカな踊りのお師匠さんだ」という迷台詞を思い出す。憂いを秘めた百恵と三浦友和のうなるほどハンサムな顔と共に。大映テレビよ,フォーエバー 赤い衝撃 youtu.be/ac4JssfG-j4 @YouTubeさんから

赤い衝撃の百恵ちゃんはすごい。銃の流れ弾の影響で車椅子生活になるも、車椅子バスケットをやったり、白いギターを弾いたり、印刷会社で働いたり、車の免許をとったり。そして、自分の足で走るまでに回復するという… 深夜の再放送での驚き。

昔々、赤い衝撃というドラマで百恵ちゃんがスプリンターの役をやっていました。ある事故から車椅子生活を余儀なくされ…そこで出てきたのが車いすバスケだった。初めて知ったけど、あの時もまだ世に認知されていなかったのだな、きっと。啓蒙してたんですね。深いわ。 #太陽を愛したひと

赤い運命、赤い疑惑、赤い衝撃…宇津井さんなしには考えられない名作。

◆『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(2000)

脚本:北川悦吏子
出演:木村拓哉、常盤貴子、水野美紀、池内博之、原千晶、西川貴教、的場浩司、渡部篤郎

『ロング バケーション』の北川悦吏子脚本によるTVドラマ。美容師の青年と図書館に務める障害者の女性が繰り広げる恋の行方を描く。

木村拓哉と常盤貴子のドラマ、ビューティフルライフは傑作だった。 木村拓哉のドラマの中で1番好きだ。

朝っぱらから、B'zをヘビロテ中(笑)『今夜月の見える丘に』。聴く度にウルウルしてしまうのはドラマ『ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜』と当時恋愛を想い出すせい!?。常盤貴子sanのセリフ、「あなたに会いたくて…会いたくて、会いたくて」。北川悦吏子脚本では最高傑作ですなぁ♪

B'zはあれだなー、キムタクと常盤貴子のビューティフルライフってドラマの主題歌が好きだったなー。当時小3?くらいで、母様と毎週かぶりついて見てた。最終回見てボロボロ泣いたんだよね…(*´∀`)人生で初めてドラマに感動して号泣したww

◆『車イスで僕は空を飛ぶ』(2012)

原作:長谷川泰三
脚本:寺田敏雄
出演:二宮和也、上戸彩、池松壮亮、鈴木福、光石研、伊勢谷友介、薬師丸ひろ子

嵐の二宮和也、上戸彩ほか豪華キャストが共演した24時間テレビのスペシャルドラマ。チンピラ崩れのダメ男・長谷部泰之は転落事故で脊髄を損傷し車イス生活を余儀なくされる。絶望の中、泰之は幼い石井大輔らと出会い、次第に打ち解けていくのだが…。

"24時間テレビで放送されるドラマって、結構傑作があるんですよ。僕のお勧めは、嵐の二宮君が2012年にやった『車イスで僕は空を飛ぶ』です" ow.ly/BbCPS

サイゾーで褒められてたから見たら傑作。泣けた。ニノは天才。 dramamovielink.blog102.fc2.com/blog-entry-390… 『24時間テレビ』の偽善に埋もれさせるのはもったいない!?  渾身の問題作『車イスで僕は空を飛ぶ』 cyzo.com/2012/09/post_1… @cyzo #cyzoさんから

「ブラックペアン」に感化その2で「車イスで僕は空を飛ぶ」を購入(…)。放送観てたが印象深くて。24hTVという枠を逆手にとった問題作で傑作。自分から逃げた母親と向き合うため、一度自分の中で母を殺して吐露するシーンの壮絶さ、最後の少しだけの明るさ。二宮くんの演技が輝いとる。

◆『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』(2018)

脚本:櫻井武晴
出演:北大路欣也、風間俊介、上白石萌音、内田朝陽、松本大志、勝野洋、宅麻伸、石黒賢、余貴美子

犯人に刺されて両足の機能を失った鬼塚(北大路)は、「車椅子の刑事」として司法係長の仕事を始める。捜査員が忙しさのために動けず、手付かずとなった微罪事件を遠山(上白石萌音)、神(風間俊介)と共に解決していく。

「金曜8時のドラマ 記憶捜査 新宿東署事件ファイル」第1話の録画を見た。なるほど、櫻井武晴脚本らしい、力の入った作品だ。キャリアの刑事官役の風間俊介がいい味出してる。テレビドラマで刑事官が主要キャラとして出るのって、「牟田刑事官事件ファイル」以来なんじゃないかしらん。

「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」第二話。 新宿の警察署管内で起きる事件を再任用の司法係長が解決するドラマ。面白かった。 車椅子の司法係長、キャリアの刑事官、新人の司法係員3人のバランスがいい。脇役も意外に豪華なメンバーをチラッと使ってるのが贅沢。 脚本もしっかりしてて見ごたえあり

テレ東「記憶捜査~東新宿署事件ファイル~」原作が多い中、見知った土地で繰り広げられるオリジナルの櫻井武晴氏脚本が素晴らしく、毎回最後まで展開がわからずとても愉しめた。僅か7話と短いのが非常に残念。続編希望。

【映画】

1 2