1. まとめトップ

和歌山大学と関関同立はどっちが上?頭いい?偏差値やレベルで比較、イメージや雰囲気の違いとモテるのは?

和歌山大学と関関同立はどっちが上か?頭いい?偏差値やレベルはどれくらいか?イメージや雰囲気の違いとモテるのはどちらか?について書いてみました。

更新日: 2019年04月29日

1 お気に入り 4466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

和歌山大学と関関同立はどっちが上か?

和歌山大学は国立大学の中でもかなり入試難易度が低い大学なので(特に文系)…

教科数が2〜3教科まで減る経済学部の後期日程ですらボーダー得点率は70%前半で、さらに2次試験も1科目で偏差値は50前後ですので、一般受験者なら普通にMARCH、kkdrに合格するほうが難しいです

国公立大学と私立大学なので比較は難しいですが、入学難易度は基本的にはMARCHや関関同立の方が高いでしょうね。
ただ、世間の評価や就職となると圧倒的にMARCHや関関同立の方が高いです。

入学難易度
同志社>明治=立教>中央=青山>関西学院≧立命館>法政>和歌山>関西
だと思います。


世間の評価や就職
関西学院>中央=明治≧立教=同志社>青山≧立命館>法政>関西>>和歌山
だと思います。

和歌山大学と関関同立はどっちが上か?というのは気になるでしょう。和歌山大学は近畿圏での国立大学で、関関同立は私立大学で有名です。関関同立もレベルがそれぞれで違うのですが、和歌山大学と関関同立ではどっちが上か?というと、関関同立を挙げている人が多いです。つまり、和歌山大学も頭いいとは言えるが、関関同立の方が上という認識なのでしょう。和歌山大学と関関同立はどっちが上か?という比較は難しいですけど、そのように考えている人が多いということなのです。和歌山大学と関関同立の偏差値やレベルを単純比較してもしょうがないのですが、多くの人の意見では関関同立の方が難易度は高いということなのでしょう。和歌山大学と関関同立はどっちがいいか?を考えるときには、イメージや雰囲気などの比較もしていくと良いと思います。それぞれの大学のイメージや雰囲気などを知っておいてほしいと思います。

和歌山大学は学生の事情に考慮して学費の免除が充実

和歌山大学では、家計の急変や自然災害等の影響で学費の支払いが困難になった学生を対象に“授業料の免除”を行っています。東日本大震災も記憶に新しいですが、こうした支援制度は真面目に学問を追求する学生の心強い後ろ盾と言えるでしょう。

不可抗力の理由による学費の支払い困難者に対して“授業料免除”を実施している和歌山大学。この制度は“経済的な事由によって授業料の支払いが難しくなった優秀な学生”もしくは“半年以内に学費納付者が亡くなった学生・自然災害による経済的ダメージを受けた学費納付者”を対象に適応されます。これは“日本学生支援機構の奨学金”、同大独自の“家計急変奨学金”、また各種団体が給付・貸与する様々な奨学金制度とも併用することが可能であるため、不測のトラブルにも安心と言えるでしょう。何が起きるか分からない昨今では大変心強い制度と言えます。

和歌山大学では学費が国立大学なので、安いという面がありますけど、それだけではなくて不測の事態に備えた体制が充実していると言えます。和歌山大学ではいろいろな事態に備えて、学費を免除してくれるシステムがあり、それによって学生が大学を辞めないといけない事態を回避できるのです。こういった点はなかなか遭遇することではないですけど、和歌山大学と関関同立の違いとも言えるかもしれないです。いろいろな面で和歌山大学と関関同立の比較ができますけど、単純な難易度のみではなくて、そういったキャンパスライフにかかわる部分でも和歌山大学と関関同立はどっちがいいか?を考えておきましょう。和歌山大学の偏差値やレベルとは別にいろいろな面から魅力を調べていくと良いと思います。和歌山大学は頭いいと言える大学ですし、モテる可能性もありますが、こういったサポート体制もしっかりと把握しておくと良いです。和歌山大学のイメージや雰囲気としてこういった情報も知っておきましょう。

和歌山大学は何気に就職においては有利?

和歌山県内での就職ではとても有利なイメージです。就職活動では、大手でも問題なく対応されました。友達も一部上場、大手に就職しています。大阪での就職活動で、中小企業であれば私立よりは評価されました。関西圏をでると、和歌山大学が国立ということもあまり知られていません。

関西圏を出ると、和歌山大学のレベルがどれくらいなのかということも知られていません。和歌山大学から、和歌山大学よりも学力の高い大学院に行く人が多いです。彼氏の親にも国立をでているという肩書があるので何も問題ありません。家庭教師のバイトをしたときは仕事に困りませんでした。

和歌山では、和歌山医学部の次に優秀と言われています。社会人になり、大阪で会う人に、出身大学を告げると大抵褒められました。大阪の町工場の人に出身大学を告げても褒められなかったです。関西圏の就職活動では評判がいいです。

和歌山大学はなんやかんやで近畿圏ではそれなりの知名度とブランド力を持っています。関関同立の方が高いかもしれませんけど、和歌山大学は国立大学というのが大きいのです。具体的な和歌山大学の偏差値やレベルを知らない人でも、和歌山大学が国立大学であることを知っている人は多くいて、国立大学なのだからすごい大学なのだろうとか、和歌山大学は頭いいのだろうなどと思ってくれる人が多くいると思います。そういったことは就活でも同様で、人事の和歌山大学のイメージもかなり良いようです。関関同立も同様かもしれませんけど、和歌山大学は頭いいと人事も考えている可能性があり、少なくとも和歌山県内では和歌山大学はかなり有利になる可能性があります。和歌山大学と関関同立の比較では就職における有利、不利なども考えておきましょう。和歌山大学と関関同立はどっちがいいか?というのはいろいろな面で知っておいてほしいです。

和歌山大学に入学した先輩の志望動機は?

自分は教員や教育関係の仕事に携わりたいと思っていて、教員採用率が全国1位にもなったこの和歌山大学教育学部で、人間形成といった教育の根本を学びたいと決意しました。また、観光学部を始め複数の学部との交流を通して、社会的な視野を広めたいと思いました。また、自宅から通えず下宿するような場所で学習することで、今の自分から大きく成長できるのではないかと考えたからです。

近畿地方の大学にいきたくて決めた。また就職の面でも有利であり、国立ということで安いのも魅力であった。大阪に近いこともあり、交通の面でも苦労しないことから、立地も良いと感じた。近くに寮のようなものもあり、一人暮らしも安心してできると思い進学を決めた。

経済学に加え、経営や会計、法律、情報と様々かつ、専門的に学べる環境に惹かれたから。

システム工学部にデザインシステムコースがあり、自宅から通える大学だから

観光での地域再生に興味を持ったから。オープンキャンパスに参加した時、観光学部の先輩方がとても魅力的だったから。フィールドワークが多く、人との繋がりや出会いが多そうだったから。

最初は国立で唯一の観光学部というところに魅力を感じました。観光がどんどんグローバル化していく中でこれから観光を担う人材は重要になっていくと思います。和歌山大学では幅広く観光学を学べるとともに、様々な留学プログラムやインターンシップがあることにとても魅力を感じました。

和歌山大学を選んだ人たちはなぜ和歌山大学に入学したのか?和歌山大学と関関同立はどっちがいいか?ということを考えるときにはこういった面も見ておきましょう。和歌山大学と関関同立の難易度の比較のみではなく、こういった部分から和歌山大学の特徴を知ることで、比較がしやすいと思います。和歌山大学のイメージや雰囲気も知ることができると思います。和歌山大学の偏差値やレベルは関関同立と比べると微妙かもしれませんけど、良いところはあると思います。人によっては和歌山大学は頭いいと思ってくれますし、地元ではモテる大学でしょう。和歌山大学と関関同立やMARCHなどで迷っている人、どっちがいいか?と考えているような人は和歌山大学の魅力も知っておいてほしいので、こういった部分も頭に入れておきましょう。

1