1. まとめトップ

これは怖い…「豊胸バッグ」に発がん性の疑いがあるという報道が

胸を豊かにする整形手術に使われる「豊胸バッグ」に発がん性の疑いがあるといおう報道がなされました。

更新日: 2019年04月06日

3 お気に入り 947 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

フランス保健当局の発表を元に作成しています。

■豊胸に使われる「豊胸バッグ」

体の一部を切開し、シリコン製のバッグを胸に埋め込む。充填物は様々な種類がある。

海外ではバッグ挿入法による豊胸術はとても盛んで、脂肪吸引とならんで非常に数の多い手術と言われています。

最近は、それ以外にハイドロジェルバッグやコヒーシブシリコンバッグといった新しい充填用のバッグが登場

■この豊胸バッグに「発がん性」があるという報道が

フランス保健当局は、豊胸手術に用いられる「インプラント」と呼ばれる人工乳腺バッグの主流のタイプに希少がんとの関連性が認められたとして、禁止する方針をメーカーに通達

フランスの保健当局は前週、PIPの豊胸バッグで手術を受けた女性から、乳がんを中心とするがん事例が8件報告されたと発表

禁止の方針が示されたのは、表面がざらざらした「テクスチャードタイプ」と呼ばれるバッグと、ポリウレタン製のバッグ

■まれとはいえ「深刻な危険」があるという

これら2種類のバッグと希少がんの一種の未分化大細胞型リンパ腫との関連性が認められ、「まれとはいえ深刻な危険」をもたらす恐れがあると指摘

結果次第では当該バッグのインプラント手術を受けた女性3万人にバッグの摘出を勧めることを明らかにした。

英国ではインプラント摘出までは勧告せず、PIPを含むあらゆる胸部インプラントが健康に及ぼす影響について監視を続けるとしている。

■これは恐ろしい…

美容も命がけだね・・・。厚労省からも通知出てた。  危ない豊胸バッグ、がん20例=因果関係は未確認―仏当局(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111231-…

仏豊胸バッグ訴訟 癌リスクも | TomoNews tomonews.net/?p=100404 豊胸バッグはそれ以外にも各国で様々な問題を起こしています。自然のままに生きるのが一番きれいだと思います。

シリコン自体、人体によくないから至急外した方がいい。 <危ない豊胸バッグ、がん20例=因果関係は未確認―仏当局> nico.ms/nw171847 #niconews

不自然なことは、ダメということです! RT @wQQn #CHIBAREI bit.ly/sSV2fE PIP社の豊胸バッグにがんリスクか、英女性ら集団訴訟へ 同社のバッグは異常に高い破裂率を示し、医療用ではなく工業用のシリコンジェルを使用していた事実が発覚

そもそも、「異物」を入れるものだからリスクは伴うんだよな。数字見ると癌になった人はいるが通常の癌リスクの範囲内?<PIP社の豊胸バッグにがんリスクか、英女性ら集団訴訟へ 国際ニュース : AFPBB News afpbb.com/article/life-c… @afpbbcomさんから

■豊胸バッグは「乳がん検査」を受けられないケースもある

検診マンモグラフィ撮影の場合は、様々な危険を回避するために、現段階では豊胸術実施者に対するマンモグラフィ検診を一般者と同様の条件で受けられることは推奨できない

「プッシュバッグ法」と言って、シリコンバッグを避けて表面の乳腺だけを検査する方法もあります。ですが、実施していない施設も多く、シリコンバッグを使って豊胸をしている人はマンモグラフィーを断られることが多い

シリコンバッグによる豊胸手術をしている人はマンモグラフィーを断られることもありますが、脂肪やヒアルロン酸を注入する豊胸法の場合は可能

■更に「破裂する」危険性もあるという

1 2