1. まとめトップ

【平成元年ー10年】伝えたい、平成の名曲【J-POP・J-ROCK】

平成から令和に。時代が変わっても、街並みが様変わりしても、残したい平成の曲をまとめました。ここでは、平成元年から10年までの10年間でリリースされた曲が対象です。誰もが心に残る曲とともに、それぞれの記憶を呼び起こせますように。

更新日: 2019年04月20日

2 お気に入り 942 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

平成の時代を生きてきた者のひとりとして自分の体験を交え、各年ごとに思い出の曲をまとめました。(年号はリリース年)

A_Tokyoさん

===== 平成元年/1989年 ======

===========================
学校へ入学した頃。卒業した頃。
好きな人がいた頃。恋がかなわないと悟った頃。
会社に入社した頃。仲間と一緒に語った頃。
ドライブで出かけた頃。初めての景色を眺めていた頃。
大切な人を失った頃。心が癒えてきた頃。

あなたの記憶とつながっている曲は何ですか?
===========================

バブル景気

=========================================
元号が平成に変わったのは、まだバブル景気が継続していたときだった。1989年、天皇が崩御されると街の灯りが落とされ、日本中に神妙な空気が流れた。日常を取り戻すと世の中はまた活気と熱気の中に戻って行った。バブル景気が終わったのは1991年頃となる。
=========================================

1989年4月にリリースされた。平成の時代はこの曲とともに少しずつ歩みの速度を増していったのではないだろうか。

目を閉じておいでよ/バービーボーイズ

甲本ヒロトのエキセントリックな風貌、シンプルなコード進行、繊細な歌詞。THE BLUE HEARTSの「青空」は本当は「あおいそら」と読むらしい。

略称は『プリプリ』で親しまれたガールズバンドのミリオンセラー・シングル。聴く人の多くがイニシャルMの誰かを心に浮かべることができるだろう。「アドレスのMのページ」。当時、電話番号は手帳のアドレス用のページに記入したり、アドレス帳という別冊に記入しておくものだった。

カラオケの普及

=====================
1980年代半ばに、カラオケボックスが誕生し、仲間と歌を歌いに行くことが気軽な娯楽となった。
カラオケでの人気ランキングでは、CD販売数とは違う愛されている曲が見えてくる。
=====================

====== 平成2年/1990年 ======

バンドのオーディション番組『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)に出場し、勝ち抜いてキングになったBIGINのデビュー曲。

====== 平成3年/1991年 ======

「Choo Choo TRAIN」(チュー チュー トレイン)はZOOの1991年のシングルヒット。JR東日本「JR Ski Ski」のCMソング。のちにEXILEがカバー。

1991年のアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』のテーマ曲。

====== 平成4年/1992年 ======

1 2 3 4