1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼ハロプロ黄金期を支えた2人のユニットが13年ぶりに復活

3月30日、千葉・幕張メッセで開催された『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』で、辻希美と加護亜依が13年ぶりに同じステージに立った。

会場からは割れんばかりの大歓声と、「うぅ……ここまで長かったよう」とむせび泣く嗚咽が交錯した。

現役のハロプロメンバーを従えて再登場するとパワフルな「ミニモニ。ひなまつり!」と「ラッキーチャチャチャ!」で会場を沸かせ、現役のモーニング娘。メンバーと「I WISH」を歌った際には、加護さんが思わず感極まって涙する一幕も。

加護は「ありがとうございました!」のタイトルで更新し、「久々のダブルユーでのステージ この日が来るのをずっと信じて待っててくれた皆さんに…心からありがとうございます!」と感謝。

辻は「昨日のライブ 改めて…最高の時間をありがとうございました。ファンのみんなのペンライトの凄く綺麗だった あの景色は一生忘れない 最高の思い出です」と感謝。

現在、幻の7thシングル「どうにもとまらない/ちょい悪デビル」に、同じく幻となった3rdアルバム「W3:faithful」から3曲を加えたものが配信中であることも告知。

「あと私のインスタをタグ付けしてくれてる人のはたまにのぞきに行ってまーす」「色んな投稿ありがとう」と、自身に関するInstagramの投稿などをチェックしていることも明かしていた。

ひなフェスのW復活以来、W熱がやばい〜! 辻ちゃん派だったから当時あんまり加護ちゃん好きくなかったけど、今みるとどっちも可愛いし、現在も綺麗になってて好きだわ〜✨✨✨✨✨

辻ちゃん加護ちゃんポテンシャル高すぎない⁇現役の頃に劣らない可愛さでびっくらのポンだわ。

辻加護の衣装がWのイメージカラーだけでなく、ミニモニ。もモチーフで入れてるのめっちゃ素敵❤️ミニモニ。世代だもんな完全に ハム太郎とゴジラ同時上映とか意味わからなかった世代

▼当時、CMがバンバン放送されていた

ベルサール秋葉原にて行われたセガグループのイベント「セガフェス2019」において、1994年に発売された家庭用ゲーム機「セガサターン」をテーマにした「セガサターン25周年大感謝祭ステージ」が開催。

セガサターンにゆかりのある関係者のほか、テレビCMなどでプロモーションキャラクター「せがた三四郎」として活躍した藤岡弘、さんもゲストとして登壇。

家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコット(イメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)が演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場。

「22年の時を経て、宇宙から戻ってまいりました。今日は思い出を楽しみながら、楽しみましょう」と発言すると、会場からは大きな拍手が贈られた。

せがた三四郎役を引き受けたきっかけについて藤岡さんは、「博報堂のスタッフが持ってきた絵コンテを見たら、私の顔が描いてある」と、当て書きされた絵コンテに描かれていた真剣さ、熱さに胸を打たれて引き受けたと振り返る。

セガサターン25周年を記念して、当時を振り返るエピソードトークや、本人によるグッズ紹介など、プレミア感満載のステージとなっていました。

セガフェスで買ってきた「せがた三四郎アクリルスタンド」 やっぱりめちゃくちゃカッコいいんですけどーw(〃ω〃) #レトロコンシューマー愛好会 #セガ #セガフェス pic.twitter.com/IKEuhX46n9

1 2