1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いったい何が…?GAP原宿の「旗艦店を閉店」に嘆きの声多数

人気アパレルのGAPが旗艦店である原宿店を閉店するという発表をしました。いったい何があったのでしょうか?

更新日: 2019年04月06日

8 お気に入り 45117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■GAP

GAPは世界中で約4000店を持つ、企画、生産、販売まで一貫して行うブランド。GAPの他に、オールド・ネイビーとバナナ・リパブリックといったブランドを展開

アメリカ合衆国のカリフォルニア州とサンフランシスコに本社があり、また日本、カナダ、ヨーロッパには支社がある

自ら製品を企画し、自社製品として委託生産させ、自らのチェーン店で販売する製造小売業(SPA:specialty store retailer of private label apparel)という形態

■このGAPの日本旗艦店である「原宿店」が閉店するという

「ギャップ(Gap)」が、東京・原宿の旗艦店「Gapフラッグシップ原宿(GAP FLAGSHIP HARAJUKU)」(東京都渋谷区神宮前1-14-27)を5月7日に閉店すると発表した

人件費や家賃などのコスト負担が重く、決断した。同社広報によると、「今後その分の費用は、ECをはじめとするデジタル分野に投資する」という

近隣エリアでは、日本上陸初期から約20年にわたり営業してきたギャップ渋谷店が2017年5月に閉店。

■更にGAPはギャップ店舗を230店舗閉鎖することを発表している

同ブランドは今後2年間で北米を中心にギャップ店舗を230店舗閉鎖することを今年2月に発表

オールドネイビー(Old Navy)部門はスピンオフ(事業の分離・独立)するという。

「オールドネイビー」と「バナナ・リパブリック」ブランドの店舗も運営するギャップは、実店舗型の一部衣料小売店が苦戦する中で、「ギャップ」ブランドの販売低迷に見舞われている

■このGAPの撤退は悲しすぎる…

確かに最近行ってもお客さんの入り少なかったような。。 ウィンドウショッピングだけでも楽しめたのですが無くなるのは残念です。 GAP原宿の旗艦店を閉店 ネットシフトに対応:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

おはようございます!原宿駅前のGAP旗艦店撤退のニュースに触れ、原宿界隈の歴史を思い起こす朝 GAPは元々今の東急プラザの位置にソニプラも、今のGAPにはコムサ系 隣にオッシュマンズと石井スポーツ 2月には永らくバルーンやクリスマスツリーになってくれたラフォーレの老木も伐採 変わるって切ないね

GAP原宿の旗艦店を閉店 ネットシフトに対応: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO… 若い頃はここでしか買えなかったのに

芸能事務所のスカウトだらけだったあのGAPが、、、 もうどかーんとでかい店舗を持つ時代が終わりそうですね よりワークマンプラスとデカトロンの戦略が気になる GAP原宿の旗艦店を閉店 ネットシフトに対応: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

びっくり。そしてこの前にはラフォーレ前にGAPがあったことを知ってる若者はいるのだろうか……!/原宿のギャップ旗艦店が閉店、9年半の歴史に幕 fashionsnap.com/article/2019-0…

■一時代の終わりを予感させているのか?

高い品質は低価格だから期待できなくとも、やはり新しいトレンドが認められる製品を、日本ユーザーは要求する

ギャップは、流行に合わないデザイン提案や品揃えを続けた。そのような状況からギャップは抜け出すことが出来なかった

■それとも、ネット販売などの影響なのか

マゾンなどのネット通販の攻勢で、GAPなどは消費者を奪われている。店舗網が充実していなくても、衣料品が売れる時代になった。

1 2