1. まとめトップ

世界トレンド1位!『きのう何食べた?』が視聴者を熱狂させた件

2019年4月期の民放春ドラマで最も期待度が高かった『きのう何食べた?』が5日に放送された。西島秀俊と内野聖陽の完璧すぎるビジュアルと演技に大反響で、ツイッターの世界トレンド1位を獲得。よしながふみの原作に忠実な作品時代も高評価。早くも名作ドラマの予感。

更新日: 2019年06月26日

5 お気に入り 18496 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆よしながふみ原作の春ドラマ『きのう何食べた?』

よしながふみの同名漫画を、西島秀俊と内野聖陽のダブル主演で実写化。

料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と、史朗の恋人で人当たりのいい美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)の暮らしを、日々の食を通して描く。

脚本を「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の安達奈緒子が手がけ、「嘘を愛する女」の中江和仁、「鈴木家の嘘」の野尻克己、「ルームロンダリング」の片桐健滋が監督に名を連ねた。

◆ビジュアルの完成度に放送前から期待度が高かった

ネット上では早速「ビジュアル完璧」「イメージ通り」「楽しみすぎる」と大反響。

映画とドラマのレビューサービス「Filmarks」が、地上波放送の2019年春ドラマ期待度ランキングを発表。2位になったのは、西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務めるドラマ「きのう何食べた?」。

公式Twitterアカウントでツイートされた第1話の予告動画はすでに43万再生を超えるなどスタート前から注目を浴びていた。

◆5日放送されるとネットでは世界トレンド1位の大反響

第1話が5日に放送され、幸せな食卓を囲む主人公の2人にファンは大興奮。放送中にツイッターの世界トレンド1位を見事獲得する盛り上がりを見せた。

◆原作ファンも納得の2人のビジュアルと演技

ドラマ放送前から大きな反響を呼んでいた今回の実写化。まるで漫画から出てきたような2人のビジュアルと演技に、放送中SNSでは視聴者が大熱狂。

西島は、いそいそと夕飯を作り「やっかいな案件を一つキレイに落着させたくらいの充実感だな」とにんまりするシロさんを原作そのままのキュートさで表現。

「エプロン姿で料理する西島秀俊が尊い」「西島秀俊が、かわいいが過ぎる」「白物家電とエプロンが日本一似合う俳優西島秀俊」などの声がSNSに殺到。

・不安を払しょくする内野のなりきり

視聴者を骨抜きにしたのがケンジ役の内野。精悍なビジュアルからは想像できない、じゃれつく子犬のようなかわいらしさでケンジを作り上げ、一部の原作ファンの不安を蹴散らした。

その姿は、澄み切った心を持つケンジそのもの。SNSでは視聴者からの「内野ケンジかわいい!!」「ケンジの気持ち、痛いほど伝わった」といった声。

原作ファンからも「内野さん、蓋を開けてみたらケンジにドンピシャ」「パートナーの話の時のケンジの再現度すごいなぁ。演技の鬼だ内野さん」「ケンジの内野さん、あの出てけ!からの泣くシーン、原作超え過ぎてびっくり。」といった賞賛の声であふれた。

◆原作に忠実な作品自体にも好意的な声が続々

原作もので問題になってくるのが、どこまでアレンジするのかということ。しかし、このドラマでは全編にわたって原作に忠実に展開していくスタンスだ。

2人で料理を楽しむ姿と、ゲイであることを事務所をはじめ周囲に隠して暮らす史朗と、それを隠すことなくカミングアウトしていく賢二の性格的な対比、それがもたらす2人の間のトラブルなどが描かれた。

「シロさんとお母様の会話やケンジ君との喧嘩が、漫画よりずっとシリアスで実写の凄さだなあと思いました」「原作のイメージに寄り添った絶妙なキャスティング」など、作品自体に対しても好意的な感想が数多く集まっている。

1 2