1. まとめトップ

ヒガハスに響く怒号…一部のマナーの悪い”撮り鉄”に厳しい声

鉄道ファンの聖地「ヒガハス」で起きた一部の”撮り鉄”による騒動。全国で撮影時のマナーの悪さが問題になっています。

更新日: 2019年04月07日

2 お気に入り 10346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ちょっとした気づかいがあれば…

nyokikeさん

▼撮り鉄の聖地「ヒガハス」で起きた騒動、列車通過直前に車が侵入してきて…

まず、問題の撮り鉄集団は道路の脇に立って、目当ての列車を待っていた。位置関係としては、撮り鉄集団-道路-線路という順になる。どうやら、道路脇で咲く桜と列車を一緒に撮ろうとして、この位置でカメラを構えていたらしい。

だが、彼らの目当ての列車が通過するその瞬間、目の前の道路を1台の車が走ってくる。当初は「車止めちゃえ、止めちゃえ」などと囁き合っていたが、徐々に近づいてくると急に慌て出し、

こうした彼らの要望も届かず、車は撮り鉄集団と列車の間を通過。先ほどの「止まって」の声が運転手に聞こえたのか、徐行するようなゆっくりとしたスピードだった。

もちろん、全ての撮り鉄が怒声を上げたわけではなく、落ち着いた声色で「仕方ないよ」と漏らす男性も。しかし中には、何度も繰り返し「死ね!」と車に向かって叫び続ける男性もいた。

・東大宮駅と蓮田駅の間にある有名な撮影スポット「ヒガハス」でのトラブルは過去にもあった

JR東北本線(宇都宮線)東大宮駅と蓮田駅の中間にある、鉄道ファンの間ではよく知られた撮影ポイント。

周辺が田園地帯のためロケーションがよく、寝台特急から貨物・臨時列車、東武特急スペーシア、珍しい車両まで、マニア(特に撮り鉄)垂涎のシャッターチャンスがいっぱいです。

ヒガハスでの撮影妨害による罵声大会が話題になっていますが、ポイント撮影は公共の場所である限り、被られても文句は言えません。ここ上牧カーブにも写真の通りリスクがあって、それを踏まえて撮影するのが賢明ですね。少なくとも一般人に邪魔されたとか一般人に罵声浴びせるのは以ての外と思います。 pic.twitter.com/4IQCwMjXy5

▼こうした一部の”撮り鉄”のマナーに厳しい声が聞かれました

ヒガハスのはさすがに呆れた。 停めちゃえだの止まれだの〇ねだの 正しくマナー守ってる撮り鉄に失礼。 一般人に迷惑かけ、一般人に誹謗中傷な発言をかましてまでいい写真撮りたいか。 個人的にはそんなことして撮った写真なんて、どんなに綺麗に写ってても社会的な価値はゼロだと思う。

何かあったら罵声浴びせる撮り鉄は何とかならんもんでしょうか?私も撮り鉄活動する端くれである以上、同じ趣味の中にいる同胞であるのは認めざるを得ないのですが、感情を露わにし過ぎる方々、もう少し自制できませんか?動画見るたびみっともないなという感情しか沸かないというのが率直な感想です。

ヒガハスの罵声もだけど、ああいううるさい鉄オタは正直私も嫌。いわゆるネタ鉄界隈ではああいう人が多いイメージがあって、古い車が試運転とかやってるときとか割と怖い。(警戒心剥き出し) もちろん常識的な撮り鉄や、全く喋らない人も一定数いるんだけれども。

ふた昔前、この近辺に勤務していて毎日営業で通った道。 当時は、撮り鉄のほうが申し訳なさそうに三脚をどけたけど。 全ての世界でマナーが廃れ、自己都合が最優先となっている気がする。 twitter.com/shunkannews/st…

もう何年も前、まだ私がちっちゃかった頃、祖父母宅ね遊びに行った時に、埼玉県内で写真撮るのが趣味の祖父に「良いとこ連れてってやるよ」と言われて、連れて行ってもらった場所、そこがヒガハスだったんです。 そんな場所で罵声大会やられて非常に悲しいわけですよ。

▼マナーの悪い”撮り鉄”によるニュースが世間を騒がせています

駅のホームで電車を撮影中、カメラの前を横切った乗客の男性を突き飛ばしたとして、兵庫県警尼崎南署は30日、暴行の疑いで兵庫県西宮市の会社員の男(43)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は30日午前10時半ごろ、尼崎市の阪神電鉄・阪神尼崎駅のホームで、赤穂市の男性(35)に体当たりした疑い。同署によると「撮影していたら前を通って邪魔になった」と容疑を認めているという。

同署によると、男は鉄道写真の愛好家で事件当時、ホームで車両を撮影していたという。

今日SL北びわこ号を撮影しに長浜駅近くの踏切に行きましたがそこで悲しいことがあったので報告します。踏切横の会社さんがご好意で駐車場で撮影する事を許してくださっているのですが本日そこで線路側の金網が破かれる事態が発生致しました。 #SL北びわこ号 #拡散希望 pic.twitter.com/BbPgbdTKMb

カメラを構えた若い男性が、地面に2つ重ねたブロックの上に乗り、フェンスの金網と柵にできたすき間からのぞくようにSLの通過を待っている。

この日は、デゴイチの愛称で親しまれる蒸気機関車「D51」が、観光列車「SL北びわこ号」として初めて北陸線を走った。満員の424人を乗せ、滋賀県内の米原―木ノ本駅間で期間限定で運行した。D51は、ポニーと呼ばれる小型の機関車「C56」が引退したのを引き継いだ形だ。

高校生か大学生ぐらいの4人が、その前にいた場所を追い出された形で、線路沿いで踏切横にある長浜市プロパンガス事業協同組合の駐車場に無断で立ち入ってきた。駐車場のブロックを勝手に動かして足場にしたうえ、フェンスの金網を外して写真撮影のためのすき間を作っていたという。

▼Twitterでは一部の撮り鉄たちのマナーに関して様々な声があがっていました

1 2