1. まとめトップ

働き方改革法案の業種別導入時期と業種別違反の割合って理解してる?

働き方改革法案の内容ってきちんと理解してる?今回の改正で何が変わるのをまとめました!ぜひシェアしてください!

更新日: 2019年04月07日

1 お気に入り 2373 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

働き方改革法で何が変わるの?違反すると何が起きるの?をまとめました!ぜひシェアしてください!

働き方改革法の大きな特徴は何?

一番大きいのは有給取得の義務化

働き方関連法案での主な項目の実施時期はこちら

時間外労働規制は
大企業   2019/4/1施行
中小企業  2020/4/1施行
自転車操業 2024/4/1施行

企業名は公表されるため社会的イメージダウンは避けられない

厚生労働省が発表している違反割合は?

労働安全衛生法(労災)が62.5%
最低賃金法が16.2%
労働基準法32条(36協定)が10.3%
労働者派遣法が3.1%
という違反割合

単月の稼働時間は100時間がが目安!
これ以上働いている人は許されない!

残業時間の上限は??

改正前の上限はあくまでも
大臣告示による上限でした。
しかし今回の改正は法律による上限に変わります。

残業は5ヶ月の連続可動実績を見ます

5ヶ月連続で80時間を超えた場合はアウトです

有給休暇取得も義務化されます

従来までは企業がこの日休みますと通知するだけで休めました

ですが、改正後は労働者と使用者の日程が噛み合わないと有給を取得できません

有給は連続勤続年数によって変わる

有給は連続勤続年数によって変わります。
これは階級ではなく、何年間同じ企業に勤めたかによります。

勤続年数がながければ有給は増える

社員の有給を認めなければ、民訴で賠償責任へ

1