1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『パーフェクトワールド』だけじゃない!「松坂桃李」のおすすめ作品

2019年4月期春ドラマ『パーフェクトワールド』に主演する松坂桃李。朝ドラ男子から男娼まで、役の幅を広げ続ける松坂のおすすめ映画・ドラマ。『ツナグ』、『娼年』、『孤狼の血』、『ゆとりですがなにか』、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』、朝ドラ『梅ちゃん先生』、『侍戦隊シンケンジャー』。

更新日: 2019年10月09日

5 お気に入り 38680 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『侍戦隊シンケンジャー』(2009)

原作:八手三郎
監督:中澤祥次郎、諸田敏
脚本:小林靖子
出演:松坂桃李、相葉弘樹、鈴木勝吾、森田涼花、高梨臨、伊吹吾郎

スーパー戦隊シリーズ33作目は「和」をテーマに時代劇エッセンスを盛り込んだ勧善懲悪ストーリー。はるか昔からこの世とあの世を結ぶ「隙間」からやってきてはこの世を恐怖に陥れる「外道衆」を平成の侍「シンケンジャー」が平和を守る!

映画刀剣乱舞の脚本家、小林靖子さんは数々の名作を手掛けられましたが、特に「侍戦隊シンケンジャー」は序盤からの伏線やどんでん返し、仲間との信頼関係など素晴らしい作品なので大人も見て!松坂桃李さんのデビュー作にして最高傑作だから!Amazon primeで見れるから!感動で涙ボロボロ出るから!

シンケンジャーは ・戦隊シリーズ初の侍モチーフでチャンバラアクション要素の強化 ・ルパパトのメインPの宇都宮Pの初メイン作 ・松坂桃李や高梨臨、森田涼花など多彩なキャストが集結 ・時代劇にも精通してる脚本家の小林靖子さんがメイン ・敵の設定も時代劇の悪役を思わせる なので傑作。

huluで侍戦隊シンケンジャー全話観れるじゃん!!hulu.jp/shinkenger いやこれちょっと本当に傑作なんですよ。戦隊モノとして限界ギリギリな大ネタを仕込んでいて、為すすべなく唖然とし、あまりの寂しさに泣き、絆に燃え、最後には晴れやかな寂しさを湛えて終わる。

◆『梅ちゃん先生』(2012)

脚本:尾崎将也
出演:堀北真希、ミムラ、小出恵介、松坂桃李、大島蓉子、根岸季衣、木村文乃、鶴見辰吾、南果歩、片岡鶴太郎、高橋克実、倍賞美津子

自分に自信の持てなかった女の子が“梅ちゃん先生”と親しまれる町医者に成長するまでを描いた「連続テレビ小説」シリーズ。空襲で焼け野原になった東京・蒲田。町の人たちを救いたいと、梅子は一念発起し医師を目指す。

松坂桃李と堀北真希

梅ちゃん先生の松坂桃李はいいぞう…幼馴染最高…旦那にしたい

堀北真希と松坂桃李の組み合わせがもんの凄く大好きなので梅ちゃん先生は本当最高でした。

松坂桃李。私は朝ドラが好きで趣味は朝ドラなんですが、梅ちゃん先生ののぶは史上最高の旦那様でした。そして朝ドラ以降の桃李さんの成長力にただただ驚いてます。真摯に向き合う姿勢と無邪気な笑顔とオタクなところと自撮りがいつもブレてるところ、全部好感持てます。 pic.twitter.com/GVaIXf37CF

◆『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(2015)

原作:山崎紗也夏
脚本:佐藤嗣麻子
出演:松坂桃李、木村文乃、菜々緒、北山宏光、高田翔、要潤、山口紗弥加、光石研、大杉漣、船越英一郎

松坂桃李、木村文乃主演によるクライムラブ・サスペンス。警視庁機動捜査隊員の里見偲は相棒の猪熊夕貴と交際中だが、バレると即異動のため秘密にしていた。そんなある日、ふたりは変死体発見現場で謎の美女・橘カラと出会い…。

今日は桃李君のサイレーンを見たくなって借りてきた❤️ 私の中で一番桃李くんのドラマで面白かったやつ☺️アクションシーンがたくさんで何度見てもカッコいい #松坂桃李 #サイレーン pic.twitter.com/tu1DGgUbPk

サイレーン見返してるけど、ほんと傑作… 松坂桃李の素晴らしいとこがギュッ!っと詰まってて、ななおが美しすぎの恐すぎて桃李がかっこよすぎて禿げるし物語も良いし桃李に禿げる

◆『ゆとりですがなにか』(2016、2017)

脚本:宮藤官九郎
出演:岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラ、太賀、島崎遥香、吉岡里帆、吉田鋼太郎

宮藤官九郎脚本、笑いあり涙ありの人間ドラマ。“ゆとり第一世代”と社会に括られるアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷いあがきながらも懸命に立ち向かう。

最優秀助演男優賞をとった松坂桃李と最優秀主演女優賞とった安藤サクラが共演したドラマ「ゆとりですがなにか」が最高なので皆さん見てください

とりあえずゆとりですがなにかの松坂桃李の教師役は最高オブ最高なのでみんなみてください

《ドラマ〜ゆとりですがなにか》視聴率は10%もいかなかったのに数々の賞を総嘗めにした。まあ、先入観で見なかったわけもわかる。1、2話が少し暗いし。 実はクドカンの最高傑作。みんなが脚本に騒然となった「カルテット」より更にすごいと思う。3話あたりから爆裂していく。

1 2