1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

ユニークな研修を紹介

大企業なら毎年1回は必ずと言っていいほど実施している新人研修ですが、最近中小企業でも実施している企業が増えてきています。

この記事では一風変わっているのに、教育の目的までしっかりと果たすユニークな新人研修の例をご紹介します。

◆株式会社栃木ダイハツ販売会社『幼稚園研修』

株式会社栃木ダイハツ販売会社や、青森ダイハツモータースで実施されている「幼稚園研修」。新入社員は全員参加の研修で、その目的は、子どもへの対応力を向上させること。

地域の幼稚園で5日間、子どもたちと遊んだり給食を食べたり、園生活のサポートをしたりして、子どもとの関わり方を実践的に学びます。

◆ 株式会社カネカ『ハイテク研修』

カネカは1949年創業の化学製品メーカーです。カネカは1987年から現在まで、3泊4日の「ハイテク研修」と呼ばれるものを新入社員に課しています。

ハイテク研修とは「はいくつばってテクテク歩く」の略であり、特定のチェックポイントを通りながら約20〜30kmの道のり踏破するというグループオリエンテーリングです。

スマートフォンや時計の類は全て没収され、地図や定規、タコ糸などの小道具を頼りに目的地を目指します。この研修を通して、カネカは「複数の人間が作る葛藤の処理を学んでほしい」と述べています。

◆ 日置電機株式会社『お寺合宿研修』

1935年創業の電機計測器メーカーの老舗です。日置電機の有名な新入社員研修として、お寺での合宿研修が挙げられます。日置電機は企業理念の一つとして”人間性の尊重”を掲げており、成長のための機会を可能な限り与えていくと公言しています。

新入社員はお寺での2泊3日の合宿研修で、仲間意識を育て、同期の絆を高めます。その後、1〜3カ月の現場研修を経て、部署によっては3カ月間の研修で一から製品をつくり上げる経験を得ることができます。

各部署に配属後は2年間にわたり、「HIOKI社員」としての仕事の仕方を学びます。そのほか、茶道や華道を学べる「一般教養研修」や「社会貢献活動体験」を提供するなど、充実した研修内容となっています。

◆ 株式会社アップガレージ『漫才研修』

新入社員同士がいきなりコンビを組まされて、漫才を披露する――そんなユニーク極まる研修を行なっているのが、中古のカー用品およびバイク用品のショップを全国展開している、株式会社アップガレージです。

受ける前は「絶対やだ」受けたあとは「よかった」とガラッと印象が変わる漫才研修です。新人研修を考える時期になり、自分が新人のころに受けてよかった研修は?とメンバーにヒアリングすると、ほとんどのメンバーが漫才研修と返ってきます。

人の感情をプラスに動かすことを体系的に学べるのが漫才研修です。ユーモアな研修ですが、業界職種問わず生かせるかけがえのない能力を磨ける場だと思っています。

◆ 伊藤忠商事株式会社『サバイバル研修』

体力、知力、精神力を必要とし、なにかと毎日忙しいイメージのある商社マン。そんな商社マンとして活躍するための土台を作るために、伊藤忠商事が2012年度から導入したのがタフネス研修です。

1 2